アプローチこんな場所ではどんなクラブを使うのか?




アプローチでは、状況判断が重要になってきます。
アプローチの状況によってクラブを使い分けるレッスンです。

グリーンセンターにピンが切ってあるとします。
現在、ボールはグリーンわきのカラーにあります。

ボールからグリーンエッジまで3ヤードあります。
グリーンエッジからピンまで20ヤードあります。

この状況だと、どのパターンで打っていくのが一番寄りやすいか、
を考えて下さい。
またボールのライも考える必要があります。
現在ボールがある状況は、良いライです。
芝はふかふかです。

ただし芝目が逆目になっています。
そしてエッジからピンが遠い状態です。

これらの状況を踏まえて、状況判断していきます。
今回私が使用しようと考えているクラブは、9番アイアンです。

もしここでサンドウェッジを使用してボールを上げようとしてしまうと、寄る確率がかなり低くなってしまいます。

ウェッジで最も多いミスは、ボールの手前を打ってしまい、ザックリミスをしてしまうことです。ボールは、1ヤードくらいしか前に進まないパターンです。するとアプローチに恐怖感を覚えてしまい、結局パターを使うはめになってしまいます。

このようなミスを防ぐためには、クラブの選択を間違えないようにする必要があります。

ザックリミスをしてしまう最大の原因は、芝目が逆目になっていたからです。

もし順目だったら、クラブが滑ってくれますが、逆目だと、クラブが引っかかってしまい、ボールが跳ねたのです。結果的に、ちょっとしかボールが飛ばなくなってしまったのです。

9番アイアンを使うと、簡単に打つことができます。
短く持って、パターのように打ちます。

打ちこむのではなく、パターのようにフェイス面に乗せていく感じです。
ゆっくりとしたリズムで打ってみて下さい。

ポンと軽く打つだけで、ボールが転がって、ピンにボールが寄っていきます。

この打ち方は簡単ですので、芝目が逆目のときは、9番アイアンで転がしを試してみて下さい。状況を判断することは、アプローチ成功の50%を占めているといっても過言ではありません。

アプローチ前は、常に状況判断を忘れないで下さい。

アプローチ短期習得プログラム、遂に!新公開

アプローチをマスターすれば、あなたが全くの初心者でも本当のゴルフの楽しさを味わえます。あなたのゴルフ人生の革命になるように「アプローチ革命」が製作されています。
このアプローチ革命は徹底的に基本を練習することによりアプローチを最短でマスターすることができます。

スポンサーリンク