ドライバーの方向性を安定させるインパクトでの腕の形




ドライバーは、一番クラブの長さが長く、飛距離が出るクラブです。
方向性を安定させるのは一番難しいクラブと言えるでしょう。

ドライバーの方向性は、フェイス面の向きが重要です。
ドライバーは、インパクトのとき、フェイス面の向きが
しっかりしていれば、たいていまっすぐ飛んでくれます。

フェイス面の向きは、少し手首をこねたり、
ヘッドが遅れて下りてくるだけで、大きく狂ってしまいます。

スイング軌道の多少のずれは、大きなミスになりませんが、
フェイス面のわずかなズレは、大きなミスにつながるのです。

まずは、フェイス面の向きをしっかりと確認します。
アドレスでは、フェイス面は真正面を向けます。

スイング中にフェース面が間違った方向に向いてしまうと
スクエアなインパクトをつくることが難しくなってきます。

もっとも重要になってくるポジションは
腰の高さでのフェース面の向きです。

バックスイングの腰あたりにクラブがきたときをチェックして下さい。
フェイス面が垂直かアドレスでの前傾角度に合わせてください。

ダウンスイングも同じです。
腰の高さで同じ向きになっているかを確認してください。

例えば、テークバックで右肘がすぐに曲がってしまう人は
腰の高さでのフェース面はひらきやすくなってしまいます。

ダウンスイングで右腕が伸びてしまう人も
フェース面の向きがバラバラになり安定しません。

インパクトでのフェース面のズレは右腕が大きく関係してきます。

また、 両腕、両肘の高さが変わるとフェース面の向きは安定しません。

例えば、下からすくい打ちしてしまうケースの場合は
手元が浮いてしまいます。右腕のラインが左腕よりも
下がってきます。

両腕、肘の高さに差が出てしまうのはNGです。
高さを意識してインパクトを迎えて下さい。

両肘にクラブを置いていただいて、腕を組んで下さい。
その状態でスイングしてみると、両腕の高さを同じにする感覚を
感じることができます。

両腕、肘の高さを同じにすることによって、方向性が格段にアップします。

逆のパターンで右肩が突っ込んでしまう方は、
ひっかけのミスになってしまいます。

今度は、右腕が左腕よりも高くなってしまいます。

両肘にクラブを置いていただいて、腕を組んで素振りをしてみて下さい。

インパクトで右腕が下がったり上がったりしないようにして下さい。
インパクトで両腕の高さが同じになるようにインパクトを意識して下さい。

ドライバーの方向性を安定させるために、
両腕の高さを意識して練習するようにして下さい。

『年齢』や『筋力』、『体格』などを理由に飛距離を諦めることは一切ありません!

あなたも最適なスイングリズムを見つけてください!

必ずドライバーの飛距離アップが期待できます。

ドライバーの飛距離がアップすれば、ゴルフが変わります。
見える世界、目指す目標、すべて変わってきます!!

あなたもドロー飛距離アッププログラムで、
飛距離アップをし、あなたの理想のゴルフを楽しんでください!

応援しています。

スポンサーリンク