アイアン左足上がりの傾斜練習方法

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

左足上がりの傾斜では、何がポイントになるかというと、
傾斜に対してアドレスをしっかりとれるかです。

傾斜に逆らって立ってしまうと、スイングが崩れてしまいます。

肩のラインと傾斜のラインが平行になるようにセットして下さい。

肩のラインと傾斜のラインが平行にならないと、アドレスした時点で、しっくりこない感じを受け悪いイメージが出てしまいます。

ひざの角度を調整して、肩のラインを調整して下さい。

次にスイング軸を確認して下さい。
スイング軸が地面に対して、垂直になっているかを確認して下さい。

肩のラインと傾斜のラインを平行にすれば、自然とスイング軸は、地面に対して垂直になるはずです。

スイング中は、スイング軸の角度を傾けないように、スイングすることが重要です。

そうすれば、地面が傾斜になっていたとしても、スイング軸は地面に対して垂直になっているので、通常のスイングをしているのとあまり変わらなくなります。

スイング中に、スイング軸が右や左に傾いてしまうと、良いショットは生まれせん。

スイング中は、肩のラインとスイング軸に注意して打つようにして下さい。

またフィニッシュで振りすぎないことも重要です。
フィニッシュを大きく取りすぎてしまうと、右足に体重が残ってしまい、一歩後ろに下がるように形になってしまいます。

フィニッシュで振りすぎてしまうことは、ショットの安定感を欠いてしまうのです。

フィニッシュは、しっかりと左足で支えるようにして下さい。
正しいフィニッシュの位置は、手首が頭の高さくらいです。
右足を上げる必要はありません。

フィニッシュは、コンパクトを心がけて下さい。

左足上がりでは、少し軸が傾くことによって、フェイス面が開きやすくなってきます。

番手を1つ上げて距離を合わせるようにして下さい。

ボールをセットする位置は、左足上がりなので、センターより右サイドにセットするようにして下さい。

左サイドにセットしてしまうと、スイング軸が傾いてしまうので、注意して下さい。

左足上がりのポイントをいくつか説明させていただきました。
これらのポイントをマスターしていただいて、左足上がりを得意な傾斜にして下さい。

絶対!100切りプロジェクト

女性でも簡単に100を切り、2度と100を叩かない100切りの極意をついに公開!

100を切れない原因を徹底的に潰していく100切りプロジェクト!

100を切れない3つの原因

(1)練習の仕方がわからない

あなたのスイングタイプや球筋、悪いクセに合わせて、しっかりと修正できるドリルを行って、根本的なスイング改善をする必要があります。

(2)コースマネージメントができていない

ゴルフは「考える時間」が「プレーをする時間」よりも圧倒的に長いのが特徴です。
コースマネジメントをしっかりマスターする必要があります。

(3)コースの罠に気づかない

ボールが「行ってもいい場所」「絶対に行ってはいけない場所」を把握しながら、
その罠をしっかり回避する方法をとっていく必要があります。

本気で100を切りたい人のゴルフ上達プログラムをご紹介します。

絶対!100切りプロジェクト

応援しています。

今週のおすすめ練習法

ドライバーの飛距離アップでお悩みの方に必見の練習法があります↓

ドライバー飛距離アップの真髄「私が100ヤードの飛距離アップを実現させた4つの方法」

ゴルフの様々なお悩みや課題を解決したい方はこちらへ

スポンサーリンク
アイアン左足上がりの傾斜練習方法
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!