2メートル以内のパットをカップインさせる練習方法

どうしたら、思った方向にボールを打ち出すことができるか?

この悩みは、全てのゴルファーにとって、
永遠のテーマだと思います。

2メートル以内のパットをカップインさせることができたら、
スコアは、格段に良くなります。

曲がるラインだと難易度が上がりますが、
上りのストレートラインであれば、確実にカップインさせたいものです。

2メートルを確実にカップインさせるためには、
思った方向に正確にヒットできるかがポイントになります。

思った方向に、正確にヒットするためには、
フェイス面の向きが重要になってきます。

パッティングでは、インパクトの時間は一瞬です。

インパクトの瞬間、フェイス面が向いている方向に
ボールは転がります。

アドレスでセットした方向に、フェイス面を向けることができるか、
アドレスでセットした方向に、フェイス面をキープしてストロークできるかが、
ポイントになってきます。

2メートルのパットだと、フェイス面が1.5度ずれると、
カップを外れてしまうのです。

ボールに線を引く方法もあります。

ボールに線を引いて、線をターゲットに向けると、
パットの方向性を高めることができます。

グリーンにボールをセットするときに、
ターゲットに線を向けると、フェイス面を合わせることができます。

アドレスと同じフェース面でボールを
打てば、狙った方向にボールが転がります。

打ったあと、アゴのラインを変えないように意識してください。
単純ですが、効果てきめんです。

ボールがカップインするか止まるまで、
ストローク中に頭を動かすと、フェイス面がずれてしまいます。

ショートパットであれば、カップインの音を
耳で聞いて下さい。

ボールを使った練習方法もあります。

グリーン上にボールを2個セットして下さい。
ボールの間隔は、10センチくらい離して下さい。

次に2個セットしたボールの30センチ後方に
ボールを1個セットして下さい。

1個セットしたボールを打って、
前方にセットした2個のボールの間を通過して、
カップインして下さい。

セットした2個のボールの間を打っていけるかが
ポイントになります。

もしボールの間を通過させることができたら、
自然とカップインすることになります。

カップを意識するのではなく、
カップの間を通過させることを意識して下さい。

ラインは、ストレートだけでなく、フックやスライスラインでも
練習してみて下さい。

1日10球、10分の練習で必要な要素を全て含んだプログラムになっています。

スコアアップを望むのであれ”ITパッティング理論”が大変有効です。

応援しています。

参考: どうすれば、ゴルフ上達できるの?

手っ取り早く90を切ろう!

ゴルフの上達を願ってやまない熱心なゴルファーのために!

164cm、61歳、グローブサイズ22の私でも平均飛距離280ヤードです。

身長、体重、年齢、性別はゴルフスコア、飛距離にはなんのかかわりもありません。

80を切るというのであれば、それなりのお金も時間もがかかりますが、90を切るのでいい、というのであれば誰にでもできることです。

ゴルフの上達を妨げているのは錯覚と誤解なのです。

手っ取り早く90を切るゴルフ上達法!

スポンサーリンク

フォローする

2メートル以内のパットをカップインさせる練習方法
この記事をお届けした”上達するゴルフ練習法”の最新記事を、いいねしてチェックしよう!



スポンサーリンク