アーリーリリースを直して飛距離が出るタメを作る

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーリーリリースとは、
バックスイング時のコックの「タメ」を
ダウンスイングの早いタイミングで解いてしまうスイングです。

アーリーリリースはパワーが開放されて飛距離が出にくくなります。

飛距離が出る人は「自然なタメ」が出来ています。

「自然なタメ」が出来るとヘッドスピードが上がり飛距離がでます

アーリーリリースの直し方

(1)右腕を使いすぎると「タメ」が作れない

タメを作れない原因はいくつかあります。

タメが作れない原因の1つがダウンスイングで右腕の使いすぎです。

飛ばそうとするとダウンスイングで右腕を使いすぎてしまいます。

右腕が強くなるとタメが早くほどけてしまいます。

ではどうすれば良いのか?

(2)右腕をリラックス

右腕をリラックスすると自然なタメを作りやすいです。

右腕をリラックスするには次の方法がおすすめです。

・アドレスで「右腕の力を抜く」
・アドレスで「右手のグリップを緩める」

アドレスをした時に右腕、右のグリップから「スーッ」と力を抜きましょう。

右腕がリラックスしてダウンスイングで自然なタメが生まれます。

(3)左手の小指、薬指、中指の3本で握る

右腕を使いすぎるとダウンスイングでタメが早くほどけます。

右手の力を抜くと頼りない感じがするかもしれません。

小指、薬指、中指の3本でしっかり握ると他の部分から力が抜けやすいという効果もあります。

グリップを軽く持つ

または

左手の3本の指だけはしっかり握る

2つのどちらが有効かは個人差があります。

どちらの方がスムーズにスイングできるかをお試し下さい。

タメが出来るとヘッドスピードが上がり飛距離がでます。

軽く振って飛距離が出るようになります。

あなたの飛距離はまだまだ伸びます!

応援しています!

スポンサーリンク
アーリーリリースを直して飛距離が出るタメを作る
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

スポンサーリンク