アプローチのダフリ、トップ!解消方法

アプローチのダフリ、トップ!

素振りは上手くできても、いざボールを目の前にすると、

イメージ通りの素振りが再現できずに、

ボールの手前で“ざっくり”とダフってしまったり、

トップして奥のバンカーに入ったり、

バンカーからの脱出に失敗したり、

散々な結果を招くことが多いですね。

これには原因があります。

アプローチのダフリ、トップを減らすコツ

アプローチのダフリ、トップを減らす方法はいくつかあります。

効果の高い方法をご紹介します。

(1)コックをおさえる

短いアプローチのミスを減らすには手首のコックをしないことがオススメです。

距離の短いアプローチはこの方法が有効です。

アプローチをノーコックで打つと
次のメリットがあります。

・入射角が安定する
・打点が安定する
・大きなミスにならない

右手とクラブでできる角度を変えないでテークバックします。

(2)ホウキで掃くようにスイング

手首の動きをおさえて肩の回転でスイングをします。

ホウキで掃くようにスイングすると入射角が安定します。

(3)低いボールを打つイメージ

グリーンが近くに見えると高いボールを打ちたくなります。

すると「すくい打ち」になりやすいです。

アプローチで次のような症状がある場合は、
すくい打ちをしている可能性が高いです

・アプローチでダフリ
・アプローチでトップになる

すくい打ちはダフリ、トップの原因になります。

ショートアイアンは何もしなくてもボールが上がってくれます。

ボールはクラブが上げてくれます。

スイングで上げようとするとダフリ、トップがでやすいです。

低いボールで方向性を出すように打ちます。

ショートアイアンでは低いボールを打つつもりでも
自然にボールは上がってくれます。

アプローチのミスが減ると大幅なスコアアップを期待できます。

グリーン周りが苦手と悩んでいましたら参考にして下さい。

応援してます。

スポンサーリンク

フォローする

もしあなたが、

手っ取り早く100切りしたい!

と考えているならば、↓の練習方法が効果的です。

初心者でも3ヶ月以内に100切りを達成

是非、試してください。

スポンサーリンク