ボール位置はどこが正しい?

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コースでボールの位置の調整ができないとFWのチョロやアイアンのダフリになります。

ボールの位置をただしく調整をできると大きなミスを減らせますよ。

アイアンでダフらないボール位置の決め方

どのクラブでもボール位置は一定というプロと番手によって変えるというプロがいます。

どちらかを推奨するプロもいますし、「どちらでもいい」というプロもいます。

「ボール位置はどこが正しい?」
という疑問の回答としては・・・

体格に違いがありますしスイング理論も違うので
「絶対的な正解はない」というのが答えです。

一般的な考え方は、

・ドライバーではボールは左足かかとの前
・クラブが短くなるごとに右に移動
・ショートアイアンはスタンスの真ん中

ちなみに、、、

Sプロは7番アイアンでのボール位置はスタンス中央。

1番手長くなるごとにボール位置を半個分ずつ左に動かすそうです。

私はすべてのクラブは左耳の下に置きます。

ダウンブローに打とうとして
過度にボールを右に移動するのは危険です。

ボール位置を右にするほど
インサイドアウトの軌道になります。

プッシュアウトになりやすくなります。

また、鋭角に打ち込みことでシャンクになる危険性も増します。

手首への負担も増えて腱鞘炎のリスクも増えます。

傾斜によってボール位置を変える

実際のコースでは斜面からボールを打つことになります。

ボールの位置の調整ができていないとFWのチョロやアイアンのダフリにつながります。

日本のゴルフコースの大半は丘陵コースです。

セカンドショットはほぼ毎回斜面からショットを打つことになります。

斜面にあわせたボールの位置の調整方法を知っているとミスショットを減らせます。

ダウンヒルであれ、アップヒルであれ、常にボールは高い方の足の近くに置く方法。

素振りをして地面にクラブが触る場所にボールを置くという方法も有効です。

ボールの位置をただしく調整をできると大きなミスを減らせますよ。

応援しています。

今週のおすすめ練習法

日本人が誰も知らなかった「世界標準の骨を使った欧米人直線運動スイング」の秘密が大量の画像と共に公開されました。日本人とまったく違う欧米人ゴルフスイングの「共通の同じ動き」を無料大公開中です。↓

世界標準の骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!

ゴルフのいろいろな悩みや課題を解決したい方はこちらへ

スポンサーリンク
ボール位置はどこが正しい?
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!