ドライバー飛距離をロスしている原因?




あなたも飛距離が出ないと悩んでいませんか?

・同伴者に20-30ヤードも飛距離でまける。

・セカンドショットで持つクラブがロングアイアンやUT、FWになる。

・飛ばそうとしてミスが増える

などなど、、、

セカンドショットで長いクラブを使うとどうしてもパーオン率が悪くなります。

アプローチでカバーするにも限界があります。

飛距離がでないとどうしてもスコアも悪くなりやすいです。

飛距離が出るとゴルフが楽しくなり、
セカンドショットでショートアイアンを使えるのでパーオン率が大幅にアップします。

では、どうすれば飛距離を伸ばせるのでしょうか?

多くのゴルファーにはドライバーの飛距離をロスする原因を持っています。

飛距離をロスしている原因を取り除きましょう。

あなたの飛距離はまだまだ伸びます。



では、どうすれば飛距離を伸ばせるのか?

正しいアドレスが出来ているかチェックしましょう。

良いショットを打つには
自然体で気持よく動けるアドレスが不可欠です。

飛ばそうとして「スイング」ばかりを意識しているゴルファーが多すぎます。

アドレスを少し見直すだけで飛距離が伸びるケースは多いです。

アドレスが安定すると「芯」で打てる確率がアップします。

アドレスが正しくできたら
肩の力を抜き、グリップを軽く握りテークバックを開始します。

決して腕の力で振ってはいけません。

もし、あなたが、

腕の力で飛ばそうとしている?

飛距離を伸ばそうとして、腕を早く振ろうとするとむしろ飛距離が落ちてしまう。

なぜ、腕を早く振ろうとすると飛距離は落ちるのでしょうか?

原因は「肩の回転が不足」しているから。

腕を早く振ろうとしても肩が動いていないと、腕の動きを肩が邪魔をしてしまいます。

そのため腕を早く振ろうとしてもヘッドスピードが上がらないのです。

肩の動きで飛距離を伸ばす方法はこちらを参考にして下さい。

 左肩の動きで飛距離を伸ばす方法

ドライバー飛距離をロスしている原因は?

腕の力で飛ばそうとしている!

あなたはどうですか?

多くのゴルファーが程度の差はあっても
なんらかの「飛距離をロスしている原因」を持っています。

腕の力が抜ければ大幅な飛距離アップを期待できますよ。

応援しています!

スポンサーリンク