ショットの精度が上がるハーフスイング練習法

ショットが安定しない、フック、スライスになる・・・
と悩んでいるならハーフスイングの練習がおすすめです。

ハーフスイングとは腰から腰の小さなスイングのこと。
ハーフスイングの練習でショットが安定してスライスやフックを直せますよ。

ではなぜ、ハーフスイングの練習が重要なのか?

ボールの飛び方に影響するのはインパクトでのフェース面、クラブ軌道だけです。
つまり、極論を言うとインパクトさえ正しければあとの部分はどうでも良いわけです。

ですが、、、
インパクトはあまりにも一瞬なのでコントロールするのは難しい。
インパクト付近の小さなスイングならコントロールできるわけです。

ハーフスイングの練習の良いのは「クラブが視界にある」ということ。
人間はクラブが視界からはずれると不安を感じます。

ついつい、急ぎすぎたり、力が入ったりします。
スイング軸がぶれてショットが安定しません。
ハーフスイングなら打ち急ぎや力みを防いで練習しやすいです。

ハーフスイング練習方法

具体的な練習方法として、7番、8番アイアンを使います。

(1)ボールはティーアップ

ティーアップすると「ボールを打つ」という意識を減らせます。
スイングを直す時は「ティーアップ」がオススメです。

(2)飛ばそうとしない

ポイントは飛ばそうとしないこと。
飛ばそうとすると無駄な動きが増えてしまいます。

体の回転をつかってボールをポーンと打ちます。
50ヤードも飛べば十分です。
腕を振らずに体を回しましょう。

(3)体の軸を傾けない

ボールを上げようという意識があるとダウンスイングで体が右に傾きやすいです。
体の傾きを変えないようにしましょう。

(4)体の回転で打つ

腕はあまり使わず体の回転でボールを打ちましょう。
手を体の正面に固定しておくイメージがオススメです。
体の回転で腕とクラブを動かします。

(5)ボールの出る方向を確認

8番アイアンを使い、ティーアップしたボールをハーフスイング(腰から腰)で打ちます。
ボールの出る方向を確認、少し右にでて軽いドローが出たら最高ですね。

狙い通りの球筋になったら徐々にスイングを大きくします。
地味な練習方法ですが効果はバツグンです。

応援してます。

スポンサーリンク

フォローする

もしあなたが、

手っ取り早く100切りしたい!

と考えているならば、↓の練習方法が効果的です。

初心者でも3ヶ月以内に100切りを達成

是非、試してください。

スポンサーリンク