ドライバーのテークバックで左肩がまわらない

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飛距離を伸ばすには「肩の回転が重要」
ゴルフが上手い人はテークバックで左肩がスムーズにまわります。

左肩がスムーズにまわると、、、

・打ち急ぎがなくなる
・トップでほどよい「間」ができる
・左右に体がブレなくなる
・軸がブレないのでヘッドが走る

などなど、ショットは安定して飛距離も伸びます。

ではどうすればテークバックで
左肩がスムーズにまわるようになるのか?

テークバックで左肩がスムーズにまわるアドレス

多くのゴルファーが
顔の真正面でボールを見ながらアドレスをします。

すると「アゴを引いた状態のアドレス」になります。

この「アゴを引いた状態」というのが、
左肩がスムーズにまわらない原因になります。

バックスイングでアゴが邪魔になり、肩の回転がスムーズに出来なくなります。

無理に肩を回転しようとすると、肩でアゴを動かすのでスイング軸が動きます。

スイング軸がズレればショットは安定しません。

肩がまわらないと打ち急ぎになります。

フックやスライスの原因にもなります。

ではどうすれば良いのか?

(1)背骨はアドレスで若干右に傾く

背骨というのはアドレスで若干右に傾いている形が正常です。

何故かと言うと、右手が左手の下になる分だけ右肩も左肩よりも下がるからです。

すると、背骨も自然と若干右に傾きます。

この傾いた背骨を軸に回転するとトップでは右足に体重が簡単に乗ります。

体重が右足にのれば左肩は背骨を軸にスムーズにまわります。

ただ、アドレスの時点で背骨が垂直になると「アゴを引いた状態のアドレス」になり左肩がスムーズにまわりません。

それは、背骨が垂直になっていますから、いくらその背骨を軸に回転しても右足には体重は乗りません。

「アゴを引いた状態のアドレス」を直すには頭の位置も重要になります。

(2)アドレスで頭が天から吊るされているイメージ

アドレスで頭が天から吊るされているイメージをつくり、ボールを下目線で見ます。

これでOKです。

アゴを少し上げることで、バックスイングで左肩がスムーズに回転します。

そうすると捻転が大きくなり飛距離が伸びます。

フォローでは右肩がアゴの下に入ります。

力いっぱいスイングしても、軸がブレなくなるので、スライスやフックも防止できます。

応援しています。