アイアンのトップやひっかけを防ぐ方法

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうすればアイアンのトップを直せるのか?

アイアンがトップしてまったくボールが上がりません。
アイアンのトップは何とかしたい!
あなたはアイアンのトップで悩んでいませんか?

アイアンのトップとは?
ヘッドでボールの上部をたたく状態です。
ミドルアイアン、ロングアイアンでトップになるとボールがあがらず、ショートアイアンでトップをするとグリーンを大きくオーバーしたりして大叩きの原因になります。

アイアンのトップを直す簡単な方法があります。

(1)「低いボールを打つ」イメージ

アイアンでトップになる原因はいくつかあります。

主な原因は「ボールを上げようとする動き」です。

ボールを上げようとするとヘッドの最下点がボールの手前になります。

ヘッドの最下点がボールの手前になるとトップやダフリになります。

ボールの半分より上を打ってしまうのが、トップです。
ボールの手前の地面を打ってしまうのが、ダフリです。

そうなんです。
トップとダフリの原因はインパクトポイントがボールより手前にズレるからです。

解決策はシンプルです。

「低いボールを打つ」というイメージです。

低いボールを打とうとするとすくい打ちが矯正されます。

アイアンショットのトップを防止できます。

ダウンブローにも打ちやすくなります。

(2)ヘッドアップをしていないか?

ボールの行方が気になると
ついついインパクトの前に頭があがります。

頭があがると上半身が起き上がります。

するとボールの上部をたたきトップになりやすいです。

トップになったら「ヘッドアップをしていないか?」
をチェックしましょう。

「ヘッドアップをしない」と意識をするより
インパクトからフォロースルーにかけて、
ボールがあった場所を見続けます。

アイアンショットが安定するとスコアが良くなります。

ショートアイアンのひっかけを防ぐ方法

もしあなたが「ショートアイアンでひっかける」と悩んでいるなら

ショートアイアンでフルショットをしていないでしょうか?

ショートアイアンは狙った場所に打つクラブです。

この認識を持つことが第一歩です。

PWで遠くに飛ばしても意味はありません。

飛距離をおさせて狙った場所に打つ練習をしましょう。

ショートアイアンは飛距離よりも距離感と方向性です。

縦の距離も、横の幅も狙った場所に打つという練習をすると良いです。

(1)スイングをコンパクトにする

コントロールショットを打つにはスタンス幅を狭くします。

トップとフォローの位置もフルショットより低めにおさえます。

高く上げずにスリークォーターで打つイメージです。

スリークォーターで打つとインパクトゾーンが安定します。

フェースの向きが安定します。

フィニッシュの位置を低めに抑えるとひっかけを防止できます。

(2)大きめのクラブでライン出しショットの練習

元々ショートアイアンはひっかけが出やすいクラブです。

強めのフルスイングをするとひっかけになりやすいです。

大きめのクラブでライン出しショットを打つのも良い方法です。

たとえば、PWのフルスイングでギリギリの距離なら
「9番アイアンで8割のスイングをする」という方法です。

大きめのクラブで方向性重視のショットをすれば狙った場所にボールを運びやすいです。

コントロールショットの練習をしてみて下さい。

本番に強くなってスコアアップにつながりますよ。

ショートアイアンのミスはスコアダウンに直結します。

ショートアイアンを狙った場所に打てるようになるとスコアが良くなります。

本番に強くなるのでスコアアップを期待できますよ。

応援しています!