ゴルフ思考を理解すればミスショットを減らせる!




練習場では上手くいくのにコースではミスショットになる
と悩んでいませんか?

ゴルフはミスの少ない人が勝てるゲームです。

でも、、、

「ミスをしたくない」と思うほど
ショットが緩みやすくミスが増えます。

どうすればミスショットを減らせるのか?

あなたは、こんな経験はありませんか?

「左の池に入れたくないな・・・左に打たないようにしよう」

「右OBが怖いな・・・右には打たないようにしよう」

しかし、

気をつけていたのに、打ちたくない場所にボールを打ってしまう。

なぜ、気をつけているのに?

その理由が判ればミスショットを減らせるかも!



ゴルフで大叩きしない方法

トラブルに陥ったときに大切なものは技術よりも正確な判断です。

「正確な判断」ができれば大叩きを防げます。

スコアを伸ばすには、
スイングの実力」と「コースで実力を出し切る」の両方が重要です。

多くの方は「スイングの練習」に偏りすぎです。
ラウンド中のプレッシャーを克服する方法や
トラブル回避法を学ぶと短期間にスコアアップを期待できます。

ゴルフは意識してもなぜ出来ない?

「力むな」と意識していると力んでしまう。

「ヘッドアップするな」と意識しているのに、ヘッドアップをしてしまう。

なぜ、気をつけているのにやってしまうのでしょうか?

人間の脳は否定形を実行しにくい。

なぜ「ヘッドアップをするな」
と言われてもヘッドアップをしてしまうのでしょうか?

人間の脳は「~するな」という否定形を実行しにくいからです。

ですので、

「~する」という肯定形で意識をします。

インパクトからフォロースルーにかけて、
ボールがあった場所を見続ける。

という意識にすると、
ヘッドアップを防止しやすいです。

(1)右のOBが嫌なら・・・

「右に打ちたくない」ではなく、

「フェアーウェイ左サイドに向かって打つ」

と狙う場所に集中します。

(2)下りパットを強く打ちたくないなら・・・

「強く打たないようにしよう」ではなく、

カップ手前1mにボールを止める場所に集中します。

強く打ち過ぎを防止できます。

「~しない」という否定形で意識するか、
「~する」という肯定形で意識するか。

ほんの少しの違いでラウンドを終えた後にスコアに大きな違いがでます。

ミスショットを減らす思考

コースでは練習場とは違いプレッシャーが強くなります。

プレッシャーを克服するには今から打つショットに集中します。

ショットへの集中力を高める方法です。

(1)ボールの後方で考える

これから打つショットのライの状態、落下地点の状況、風、傾斜など、五感をフル活用してショットのイメージを作ります。

ボールの高さ、軌道、転がる距離をイメージします。

ゴルフは「イメージ」が重要です。

(2)「クラブ」と「打ち方」を決断

短めのクラブで強めに打つのか、
長めのクラブで、ハーフショットを打つのか決めます。

「イメージする」「決断」するのプロセスは、長くても数十秒です。

イメージしたらすぐに決断してアドレスに移ります。

(3)アドレスでは時間をかけないで実行

アドレスで細かいことは考えないで即、実行です。

時間をかけると、迷いが出てきます。

ボールの落下地点と、球筋のイメージだけに集中します。

クラブの重さや、リズムを感じながら伸び伸びとスイングをします。

考える」、「決断」、「実行」を明確に分けると
ショット時の集中力が増します。

大叩きを減らすゴルフ思考

大叩きの原因の1つは難しい状況から無理をするから。

(1)トラブル時の無理は禁物

あなたのボールが林に入ってしまいました。

グリーンに近づけるには、
木と木の狭い間に打たなければならない。

木と木の狭い間を狙えば、
グリーン手前の50ヤードにボールを運べます。

横に出すだけなら簡単ですが、
グリーンまでの距離は150ヤード残ります。

あなたはどうしますか?

グリーンに近づけようとして林からの脱出に失敗すると
スコアを大きく崩す可能性が高まります。

  • 状況とリスクを冷静に把握する
  • トラブル時は無理をしない

これが大叩きを減らすコツです。

(2)安全策を選んでも安心できない

トラブル時は無理をしないで横に出そうと
安全なルートを選んでも林から横に出すときに注意が必要です。

横に出すときは確実にフェアーウェイにボールを置きにいきます。

ボールを横にだす場合、弱すぎても強く打ちすぎても、
フェアーウェイにボールが残りません。

せっかく安全策を選択したのに、
次のショットをラフや傾斜面からでは意味がありません。

ポイントは

  • どこにボールを出すか明確に決めること
  • 打って良い距離の許容範囲を把握すること。

30ヤード以上打てば、手前のラフを超えてフェアーウェイに届く。

60ヤード以上打つと、奥側のラフに入る。

この場合、30ヤードから、60ヤードの範囲で林から出します。

ですが、フェアーウェイに出すといっても
場所によって次のショットの難易度がかわります。

次のグリーンを狙うショットがバンカー超えにならないようにする。

  • どこにボールを打つのか明確に決める
  • 次の打つショットが優しくなる場所を選ぶ

これを意識するとスコアを崩さずにすみます。

正確な判断ができれば、大叩きを防げます。

応援しています!

スポンサーリンク