バンカーショットの基本を習得すれば一発で脱出できる

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたも「バンカーが苦手」と悩んでいませんか?

バンカーは「入りやすい場所」に配置されています。

ガードバンカーはグリーンのすぐ周りに配置。

FWバンカーはセカンド地点の近くに配置。

バンカーに絶対に入れないというプレーは難しいでしょう。

バンカーが苦手だとスコアを崩しやすいです。

おお叩きする人がたまにいますね。

バンカーが苦手になる一番の理由は「練習不足」です。

大半の練習場にはアプローチの練習場やバンカーの練習場がありませんね。

そこでバンカーの練習場がなくてもバンカーの練習ができる練習方法をご紹介します。

その前にバンカーショットの基本も習得してください。

バンカーを一発で脱出する練習方法

どうすればバンカーを一発で脱出できるか?

バンカーが苦手と悩んでいる方は多いですね。

さて、皆さんはバンカーショットは得意ですか?

「得意です」と即答できる人は少ないでしょう。

私も苦手です。

バンカーに入っていくときは緊張します。

バンカーは苦手だと思うからよりいっそうミスが出やすくなりますね。

ではどうすればいいのでしょうか?

まずは、距離はどうでもいいので、バンカーを必ず脱出できるショットを1つ身に付けるといいでしょう。

ボールの位置、アドレス、フェースの開き、などのパターンを1つだけしっかり決めます。

ポイントは2つ。

(1)ウェッジの歯を砂に差し込むのではなく、バウンスから着地させて砂を爆発させること。

(2)手打ちではなく体をしっかり回転させること。
ベルトのバックルが出したい方向よりもさらに左を向くぐらい体を回転しないとボールは出ません。

このやり方をマスターするまでは、高く上げたり、遠くに飛ばしたりといったことは考えず、
ひたすら出すことだけに専念します。

バンカーショットが上手くなる方法

バンカーにボールが入ると色々なショットが要求されます。

あごの高いバンカーショット、ピンが遠いバンカーショット、ピンが近いバンカーショット、目玉のバンカーショット、左足下がりのバンカーショット、、、状況により様々ですね。

ですが、バンカーショットは簡単に考えた方が良いでしょう。

高く上がって距離が出ない打ち方」と「低く出て距離が出る打ち方」の2つをマスターできれば、だいたいのシチュエーションには対応できると思います。

ただし、それも、現場の思いつきで変えるのではなく、クラブやフェースの開きを変えるのか、振り幅を変えるのか、得意のパターンをしっかりと決めて、事前に身に付けるようにするといいでしょう。

(1)バンカーに慣れる

実はバンカーショットは慣れれば簡単なショットです。

ボールを直接打つショットよりインパクトの許容範囲が広いからです。

バンカーが苦手な理由は「単純に経験回数が少ない」というだけです。

次の方法でバンカーの経験値を増やしましょう。

  • ラウンド前にゴルフ場に早めに着きバンカー練習をする
  • ラウンド後にコースの練習場で練習する
  • ショートコースなどで練習

コースに出る機会がどうしても取れないなら練習場でティーアップしたボールを打つ練習をオススメします。

(2)バンカーショットのイメージ

バンカーショットは砂を飛ばすというイメージで打ちます。

ボールを意識すると鋭角に打ち込みやすくなります。

ヘッドが砂に深くもぐり飛距離がでにくくなります。

ボールを中心に周辺の砂ごとグリーンに乗せるイメージです。

バンカーの苦手意識が減るとグリーンを狙うショットのプレッシャーも減ります。

スコアアップは当然としてゴルフの楽しみが増えますよ。

距離のあるバンカーショットを攻略する

ピンまでの距離が30ヤードもあるバンカーショット。

あなたはどうやって打ちますか?

30ヤードの距離があるバンカーショットをピンに寄せるのは簡単ではありませんが、グリーンに乗せるだけなら簡単にできる方法があります。

ピンまで30ヤード!

距離の長いバンカーショットを成功させる方法として、残り距離が30ヤードというバンカーショットでS/Wを使うには、「砂を薄く取る」必要がありますが、これは難易度が高いです。

アマチュアが無理をすると、体の動きが必要以上に大きくなりボールを直接打ってホームランになります。

この場合のオススメはこれです。

S/Wの代わりに、A/WやP/Wを使う。

ロフトがある分、前に飛ぶ力が大きくなり30ヤードの距離を打ちやすくなります。

S/Wより低くでて、ランの多いボールになります。

打ち方はS/Wと同じです。

クラブフェースを開きエクスプロージョン。

A/W、P/Wもフェースを開くことでバンス効果が使えます。

「砂を薄く取ろう」という意識は不要です。

ご紹介した方法なら大きなミスにならずグリーンにボールを運べます。

では、どうしてもS/Wで30ヤードの距離をだしたいならエクスプロージョンの極意があります。

ボールを左寄りに置き、フェースは開かずにバンカーショットをします。

ボールの高さも上がり、距離も出せます。

練習場でバンカー練習をする方法

コースに出る機会がどうしても取れないなら練習場でティーアップしたボールを打つ方法もありです。

(1)練習場でティーアップしたボールをSWで打つ

ティーアップしたボールをSWでフェースを開いて打ちます。

1cmから2cmほどの高さが良いでしょう。

実際のバンカーショットをイメージしながら打ちます。

  • アドレスはオープンスタンス
  • フェースを開く
  • ボールを打たずゴムティーだけ打つ

ティーだけ打ってボールが「フワッ」と上がれば成功です。

バンカーショットはボールを直接打ちません。

(2)本番ではボールの下にゴムティーをイメージする

イメージしたゴムティーだけを打つようにスイングします。

この練習法はバンカーショットの練習不足を補えますよ。

慣れてしまえばバンカーは難しいショットではありません。

ボールを直接打たなくても良いので許容範囲が広いのです。

バンカーの苦手意識が減るとグリーンを狙うショットのプレッシャーも減ります。

スコアアップは当然としてゴルフの楽しみが増えますよ。

是非お試し下さい。