アプローチは転がす、上げる、どっちも必要?




ゴルフが上手い人はアプローチが上手です。

アプローチには幾つもの打ち方があります。

大きく分ければ、
ランニングアプローチ、ピッチエンドラン、ロブショットです。

限られた練習時間ですべてをマスターするのは大変です。

オススメのアプローチの練習方法はピッチエンドランをマスターする。



基本のピッチエンドランをマスター

キャリーとランの距離が半々になるのがピッチエンドランです。

基本的にはこの3つで様々なアプローチに応用できます。

  • ボールの位置を変更する
  • フェースの開きを調整する
  • クラブを変える

まずピッチエンドランをマスターすることに集中しましょう。

ピッチエンドランのポイントは

  • スタンス幅を小さく
  • クラブを短く持つこと
  • オープンスタンス

「スタンス幅を小さく」、「クラブを短く持つこと」で
インパクトのブレを少なくできます。

「オープンスタンス」で、ターゲットに対する視界が広くなり
方向性を出しやすくなります。

基準となる距離を作る

アプローチには「基準となる距離」が必要です。

オススメは30ヤードのアプローチを基準にします。

みんなが30ヤードである必要はありません。

技術も体格も違います。
それまでの練習内容も違います。

あなただけの基準を持っていても良いわけです。

あなたにも気持よく安心して打てるアプローチの距離があるはずです。

30ヤードかも?
20ヤードかも?

「安心して打てる距離」をあなたの基準にすれば良いわけです。

(1)安心して打てる距離を探す

まずは「安心して打てる距離」を探します。

一番安心するウェッジを持ち、
ランダムにポンポンと連続で打ちます。

S/W、A/W、P/Wで
一番安心感のあるクラブを使います。

すると、気持よく打てて、
距離が安定する場所があるはずです。

その距離をあなたの基準にすれば良いわけです。

プロがSWを使うのは
試合で使われるグリーンが高速のため。

アマチュアが普段ラウンドするコースは
そこまで高速ではありません。

AW、PWでも対応できるでしょう。

(2)自分の基準を中心に距離感を磨く練習法

たとえば、あなたの基準がA/Wで30ヤードなら、

その距離を中心に、前後の距離をいったりきたりします。

30ヤード(基準)

40ヤード(大きい)

30ヤード(基準)

20ヤード(小さい)

30ヤード(基準)

40ヤード(大きい)

この練習を繰り返すと、
「基準となる距離」を中心に
安心して打てる範囲が広がります。

今までは「30ヤードはなんとなく安心」
だったところをこの練習により、

「20ヤードから40ヤードは、なんとなく安心」

となるワケです。

ラウンドでは、この「安心感」が大切です。

人によって、50ヤードが基準になる場合もありますし、
20ヤードが基準になる場合もあります。

「基準となる距離」はそれまでに
一番練習してきた距離になることが多いようです。

この方法なら、今までの練習を活かして、
距離感を養えます。

アプローチはスコアアップの要です。

アプローチの距離感を磨くことは大きなアドバンテージになります。

ゴルフ上達への近道です。

応援しています。

参考: どうすれば、ゴルフ上達できるの?

手っ取り早く90を切ろう!

ゴルフの上達を願ってやまない熱心なゴルファーのために!

164cm、61歳、グローブサイズ22の私でも平均飛距離280ヤードです。

身長、体重、年齢、性別はゴルフスコア、飛距離にはなんのかかわりもありません。

80を切るというのであれば、それなりのお金も時間もがかかりますが、90を切るのでいい、というのであれば誰にでもできることです。

ゴルフの上達を妨げているのは錯覚と誤解なのです。

手っ取り早く90を切るゴルフ上達法!

スポンサーリンク

フォローする

アプローチは転がす、上げる、どっちも必要?
この記事をお届けした”上達するゴルフ練習法”の最新記事を、いいねしてチェックしよう!



スポンサーリンク