バンカーから寄せワンを狙うには?




どうすればバンカーを一発で脱出できるか?

バンカーが苦手と悩んでいる方は多いですね。

バンカーは「入りやすい場所」に配置されています。

ガードバンカーはグリーンのすぐ周りに配置。

フェアウェイバンカーはティーショットの狙い場所である
理想のセカンド地点の近くに配置。

バンカーに絶対に入れないというプレーは難しいですね。

バンカーが得意になるとスコアを伸ばせますよ。



バンカーを一発で脱出する方法

バンカーを一発で脱出すれば寄せワンの可能性が高まります。

(1)優しいSWを使う

バンカーが苦手なら優しいSWを選ぶのもオススメです。

一般的にソールが広く、バンスの大きいSWは
ミスに強くて優しいクラブです。

砂にもぐりにくくなるので
エクスプロージョンがしやすくなります。

ただし、硬いバンカーでラウンドする機会が多い場合は
バンスの小さいSWがオススメです。

(2)「砂を飛ばす」というイメージ

ボールを意識すると鋭角に打ち込みやすくなります。

ヘッドが砂に深くもぐり飛距離がでにくくなります。

ボールを中心に周辺の砂ごとグリーンに乗せる
というイメージもオススメです。

(3)バンカーに慣れる

実はバンカーショットは慣れれば簡単なショットです。

ボールを直接打つショットより
インパクトの許容範囲が広いからです。

バンカーが苦手な理由は
「単純に経験回数が少ない」
というだけです。

次の方法でバンカーの経験値を増やしましょう。

・ラウンド前にゴルフ場でバンカー練習をする
・ショートコースなどで練習

(4)練習場でバンカー練習をする方法

コースに出る機会がどうしても取れないなら
練習場でティーアップしたボールを打つ方法もありです。

バンカーが苦手になる一番の理由は「練習不足」です。

練習場でバンカー練習をする方法は、

ティーアップしたボールをSWでフェースを開いて打ちます。

1cmから2cmほどの高さが良いでしょう。

実際のバンカーショットをイメージしながら打ちます。

・アドレスはオープンスタンス

・フェースを開く

・ボールを打たずゴムティーだけ打つ

ティーだけ打ってボールが「フワッ」と上がれば成功です。

バンカーショットはボールを直接打ちません。

本番ではボールの下にゴムティーをイメージします。

イメージしたゴムティーだけを打つようにスイングします。

バンカーショットの練習不足を補えますよ。

慣れてしまえばバンカーは難しいショットではありません。

ボールを直接打たなくても良いので許容範囲が広いのです。

バンカーの苦手意識が減ると
グリーンを狙うショットのプレッシャーも減ります。

スコアアップは当然としてゴルフの楽しみが増えますよ。

応援しています!

スポンサーリンク