アプローチのミスを減らす打ち方

アプローチのダフリ、トップを直す

アプローチで次のような症状がある場合は、すくい打ちをしている可能性が高いです。

・アプローチでダフル
・アプローチでトップになる

すくい打ちを直すとアプローチのミスを減らせます。

アプローチのミスはスコアダウンに直結します。

アプローチのミスを減らすとすぐにスコアが良くなりますよ。

なぜアプローチですくい打ちになるのでしょうか?

いくつか理由はありますが、、、

「ボールを上げたい」という気持ちがすくい打ちの原因の1つです。

すくい打ちを直すには「低いボールを打つ」というイメージがオススメです。

ボールはクラブが上げてくれます。

アプローチのミスはスコアダウンに直結します。

アプローチのミスを減らすとすぐにスコアが良くなりますよ。

ダフリ、トップのミスが減ったら次は方向性です。

アプローチの方向性を良くする練習法

アプローチは距離感も重要ですが方向性も重要です。

アプローチの方向がズレると距離がピッタリでも長いパットが残ります。

アプローチの方向がピッタリと合えば、カップ近くにボールを運べます。

ではどうすれば
アプローチの方向性は良くなるのか?

自宅で出来る練習方法です。

パターマットとゴルフボールを使います。

パターマットに置いたボールをAWで打ちチップインを狙います。

2mの距離から3球連続でチップインするまで練習するとよいでしょう。

距離の短いアプローチというのは難易度が高いです。

振り幅が小さいので手先で振ると打点が安定しません。

短いアプローチをキッチリと打てるようになると距離の長いアプローチも簡単になります。

2m先のカップにアプローチショットでカップインするには、打点、クラブの軌道、フェース面を安定させる必要があります。

アプローチの方向性が大きく向上します。

20ヤード、30ヤードと距離が大きいときは、ふり幅を大きくするだけです。

パターマットを使って、2mのアプローチの練習をします。

地味な練習ですが効果は保証します。

これを日課にすれば大幅なスコアアップを期待できますよ!

応援しています。

スポンサーリンク

フォローする

もしあなたが、

手っ取り早く100切りしたい!

と考えているならば、↓の練習方法が効果的です。

初心者でも3ヶ月以内に100切りを達成

是非、試してください。

スポンサーリンク