グリーン周りのアプローチのダフリ、トップのミスをしないコツ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうすれば短いアプローチのダフリ、トップを減らせるのか?

練習場では15ヤードのアプローチはボディーターンで打てているが、芝の上ではトップしてしまう。アプローチでトップすることが多いと当然にグリーン周りに来ていったり来たりです。

グリーン手前までは順調にいっていたのに、アプローチで“ざっくり”が止まらなくなったり、砲台グリーンに乗せようとして“ホームラン”を打ってしまったりと、グリーン周りで何打も費やしてしまうことはありませんか?

自分ではボディターンで打とうとしているが、手打ちになっているのか?

もしあなたが「短いアプローチでトップやダフリになる」と悩んでいるなら必読です。
グリーン周りの短いアプローチの打ち方でトップやダフリが直るちょっとしたコツをご紹介します。

アプローチのダフリ、トップを直す

アプローチで次のような症状がある場合は、すくい打ちをしている可能性が高いです。

・アプローチでダフル
・アプローチでトップになる

すくい打ちを直すとアプローチのミスを減らせます。

アプローチのミスはスコアダウンに直結します。

アプローチのミスを減らすとすぐにスコアが良くなりますよ。

なぜアプローチですくい打ちになるのでしょうか?

いくつか理由はありますが、、、

「ボールを上げたい」という気持ちがすくい打ちの原因の1つです。

すくい打ちを直すには「低いボールを打つ」というイメージがオススメです。

ボールはクラブが上げてくれます。

アプローチのミスはスコアダウンに直結します。

アプローチのミスを減らすとすぐにスコアが良くなりますよ。

トップが直るちょっとしたコツ

(1)クリーンに打とうと意識しすぎはダメ

アプローチのダフリもトップも原因は似ています。

クリーンに打とうとし過ぎているとトップやダフリになりやすいです。

ボールと地面のわずかな隙間にクラブのエッジを入れようと意識するとミスになりやすいです。練習場はマットで滑りますし傾斜がありませんが、コースでは傾斜があるのでわずかな隙間に正確にエッジを入れるのは難しいです。

(2)手首を固定してコックをしない

短いアプローチのミスを減らすには手首を固定してコックをしないで打ちます。

距離の短いアプローチはこの方法が有効です。

アプローチをノーコックで打つと次のメリットがあります。

・入射角が安定する(ゆるやかになる)
・打点が安定する
・大きなミスにならない

(3)低いボールを打つイメージ

ショートアイアンは何もしなくてもクラブがボールを上げてくれます。

スイングで上げようとするとトップやダフリになりやすいです。

低いボールで方向性を出すという気持ちで打ってはいかがでしょうか?

高いボールより低いボールの方が距離感、方向性もあいやすいです。

寄せワンの確率も増えます。

(4)SWよりAW、PWがやさしい

よほどの高速グリーンでなければ、AW、PWでアプローチできるケースが多いです。

SWよりもトップになりにくいです。

アプローチの上達はスコアアップの近道です。

アプローチのトップやダフリを減らせると大幅なスコアアップを期待できますよ。

トップやダフリのミスが減ったら次は方向性です。

アプローチの方向性を良くする練習法

アプローチは距離感も重要ですが方向性も重要です。

アプローチの方向がズレると距離がピッタリでも長いパットが残ります。

アプローチの方向がピッタリと合えば、カップ近くにボールを運べます。

ではどうすれば
アプローチの方向性は良くなるのか?

自宅で出来る練習方法です。

パターマットとゴルフボールを使います。

パターマットに置いたボールをAWで打ちチップインを狙います。

2mの距離から3球連続でチップインするまで練習するとよいでしょう。

距離の短いアプローチというのは難易度が高いです。

振り幅が小さいので手先で振ると打点が安定しません。

短いアプローチをキッチリと打てるようになると距離の長いアプローチも簡単になります。

2m先のカップにアプローチショットでカップインするには、打点、クラブの軌道、フェース面を安定させる必要があります。

アプローチの方向性が大きく向上します。

20ヤード、30ヤードと距離が大きいときは、ふり幅を大きくするだけです。

パターマットを使って、2mのアプローチの練習をします。

地味な練習ですが効果は保証します。

これを日課にすれば大幅なスコアアップを期待できますよ!

スイングのリズムを安定させる方法

練習場では綺麗に打てるのにコースにでるとアプローチでダフリやトップをしてしまう!

そんなお悩みを持っている人も多いのではないでしょうか?

グリーン周りでダフリやトップがでてしまうとがっかりしますね。

ダフリやトップの原因として、「スイングのリズムが早くなってしまう」があります。

スイングのリズムを安定させる方法があります。

右手を左手首の上に置いて、左手一本でアプローチをします。

注意点としては、腕をリラックスさせることです。

腕をリラックスさせて、スイング中、クラブヘッドの重みを感じながらスイングします。

アプローチでのスイングリズムは全て一定になります。

スイングのリズムを常に一定にしてスイングすることが重要になってきます。

バックスイングがゆっくりなのにダウンスイングでスピードが早くなってしまわないように気をつけます。

右手を左手首の上に置いて、スイングすることによって、リズムが早くなりやすいダウンスイングで、腕を早く下ろしてしまう動きを抑えることができるようになってきます。

腕の使いすぎが(特に右手)、リズムが早くなる原因なので、腕の使いすぎをなくすと、身体と腕が同期してきて、リズムとスイング軌道が安定し、ミート率が上がってきます。

最初は難しく思うかもしれませんが、この練習を続けていくと、アプローチでの精度が格段にアップします。

腕の使いすぎがなくなったら、一歩上の練習ドリルに移ります。

スイング中、ワン・ツー・スリーと声に出すことによって、一定のリズムでスイングできるようになり打ち急ぎを防ぐことができます。

アドレスで”ワン”、バックスイングで”ツー”、ダウンで”スリー”です。

声に出しながら、ボールを打ってみて下さい。

参考:こちらにもアプローチのトップ・ダフリを減らす練習方法があります。

ダフリ、トップ、シャンク!ミスを減らす~アルティメットアプローチ~
ダフリ、トップ、シャンク!ミスを減らす~アルティメットアプローチ~
「ダフリ」「トップ」「シャンク」これはアマチュアの3大疾患と言われています。もしダフリもトップも出ない打ち方があったら、あなたは知りたいですか?もしダフってもトップしてもピンに寄っていく打ち方があれば・・・

応援しています。

今週のおすすめ練習法

日本人が誰も知らなかった「世界標準の骨を使った欧米人直線運動スイング」の秘密が大量の画像と共に公開されました。日本人とまったく違う欧米人ゴルフスイングの「共通の同じ動き」を無料大公開中です。↓

世界標準の骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!

ゴルフのいろいろな悩みや課題を解決したい方はこちらへ

スポンサーリンク
グリーン周りのアプローチのダフリ、トップのミスをしないコツ
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!