ミート率の高いショットで飛距離アップを狙う練習方法!

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴルフの練習行ってますか?

よく練習場に着いて、すぐに打つ人がいますが、まずはしっかりストレッチしましょう。

ケガ防止はもちろんの事、固まっている関節や筋肉を十分にほぐし本来の体の力を発揮させる為に、絶対に必要な準備ですからね。

ゴルフが上手くなりたいなら、練習前後のストレッチは必須です。

さて今日は「ミート率の高いショットを打つには!」です。

ミート率の高いショットって言うと何かものすごくレベルの高い話に聞こえるかもしれませんが、要は、当たるショットって感じです。

例えばドライバーでチョロやザックリやテンプラなどの大きなミスが出ないで普通に当たるショットを打てるようにしましょう!

という事です。

大きなミスが出る時というのは、スイングで上下動してしまうのです。

頭が動いたり、体が起き上がってしまう事でスイングに上下動が生まれ、それが大きなミスに直結するのです。

この上下動、もちろん頭を動かさないとか上体を起こさないという注意も大切なのですが、ヒザも注意するように心掛けましょう。

スイング中にヒザの高さが変わると、スイングが簡単に上下動してしまうのです。

頭を動かさないようにとか思っていても、その下にあるヒザが上下動していると、頭の動きも抑えられないのです。

大きなミスがよく出るという場合は、ヒザを意識してスイングしてみましょうね。

今まで頭を動かさないようにってスイングしていた場合、スイングに余計な力が入っていたり、窮屈なスイングになっていたりする事もあります。

それでも治らないという人が実は結構います。

では、どうしたらミート率を高めて飛距離アップができるご紹介します。

飛距離アップにはヘッドスピード?ミート率?

ヘッドスピードと飛距離の目安?

ヘッドスピードの5.5~6倍が飛距離の目安と言われています。

ヘッドスピード39m/sなら234ヤードの飛距離をだせるわけです。

ヘッドスピード45m/sなら270ヤードの飛距離をだせるわけです。

あなたのヘッドスピードでどのくらい飛びますか?

飛距離を伸ばす3つの要素

飛距離を決めるのは3つの要素があります

・ボールの初速
・打ち出し角度
・バックスピン量

この3つが最適な値なら、ヘッドスピードはそのままで最大の飛距離をだせるわけです。

飛距離をだす効率の良さの目安として「ミート率」という数値があります。

ヘッドスピード×(ミート率)=初速
初速× 4 =飛距離

という関係にあります。

「なぜ女子プロはヘッドスピードが遅いのに飛ぶのか?」

「なぜ男子プロは300ヤードも飛ばせるのか?」

その秘密は「ミート率」にあります。

ちなみにアマチュアとプロのミート率を比べると次のようになります。

・一般的なアマチュア 1.3

・トップアマ 1.4

・プロゴルファー 1.4~1.5

ミート率を1.5に近づけるほど飛距離が伸びるわけです。

あなたのミート率どのくらい?

(1)ミート率が1.3なら

39m/s×1.3(ミート率)×4=203ヤード

41m/s×1.3(ミート率)×4=213ヤード

43m/s×1.3(ミート率)×4=224ヤード

45m/s×1.3(ミート率)×4=234ヤード

になります。

(2)ミート率が1.5なら

39m/s×1.5(ミート率)×4=234ヤード

41m/s×1.5(ミート率)×4=246ヤード

43m/s×1.5(ミート率)×4=258ヤード

45m/s×1.5(ミート率)×4=270ヤード

になります。

飛距離を伸ばすには?

もしあなたのミート率が1.3かそれ以下なら飛距離を伸ばすにはヘッドスピードを上げるより、ミート率を高める方が近道です。

多くの場合、ヘッドスピードを上げるよりも、ミート率を上げる方が飛距離アップの近道です。

では、ミート率を上げるにはどうすれば良いのか?

スイングをかえず、ヘッドスピードも今のままで飛距離を大幅に伸ばすことは可能です」

ミート率を高めて飛距離を伸ばす方法

「飛距離アップは難しい」

「どうすればいいのかわからない」と考えていませんか?

実は飛距離アップをすると言うことは、そんなに難しい事ではありません。

ドライバーの飛距離アップを実現するにはコツがあります。

年齢やスコアに関係なく、20~30ヤードの飛距離アップが望める方法です。

飛距離アップのためには、インパクトの瞬間がとても大切です。

女子プロゴルファーのヘッドスピードは、平均して約40m/s。

実は、一般的な男性アマチュアと殆ど同じです。

しかし女子プロは、男性アマチュアより、30ヤード遠くに飛ばします。

「なぜ、女子プロは飛ぶのか?」

理由はいくつかあるのですが、大きな違いは「ミート率」です。

ミート率を高めて飛距離を伸ばす方法があります。

(1)クラブフェースの「芯」で打つ

ボールがクラブフェースにあたる位置は飛距離に大きな影響を与えます。

飛距離が出る人はクラブフェースの芯で安定してボールを打ちます。

まずは、芯で打てているか、ショットマーカーでチェックします。

何度かボールを打つと自分の傾向が分かります。

「芯」を外したケースを4つに分類すると、こうなります。

・ヘッドの上側
・ヘッドの下側
・ヘッドのトゥ側
・ヘッドのヒール側

スイングを変えずに「ボール位置を調整」も良い方法です。

・ヘッドの上にあたるならティーを低くする。
・ヘッドの下にあたるならティーを高くする。
・ヘッドのトゥ側にあたるならボールに近づく
・ヘッドのヒール側にあたるならボールから離れる。

少しずつ微調整して飛距離の出やすいボール位置を見つけます。

ボールの位置に絶対の正解はありません。

ボールを気にせず気持よく振りぬきます。
そしてクラブヘッドの通り道にボールを置けばokです。

(2)前傾姿勢を変えないスイング

最近のクラブは重心移動よりも捻転で飛ばす方が良いです。

捻転で飛ばすにはスイング軸をぶらさないことが重要。

前傾姿勢をキープできるとスイング軸がぶれず飛距離を伸ばせます。

(3)腹筋と背筋で起き上がりを防止

前傾姿勢をキープするにはどうしたら良いのでしょうか?

スイングスピードが早くなるとインパクト付近で、上半身が浮き上がりやすいです。

お腹と背中に力を入れておくと上半身の起き上がりを防止できます。

ちょっとしたコツで飛距離が伸びるケースは多いです。

あなたの飛距離はまだまだ伸びますよ!

参考になれば幸いです。