安定して曲がらないドライバーの打ち方




もっと飛距離がでればな・・・

もっとドライバーショットが安定していればな・・・

ラウンドが終わるといつも思っていませんか?

上手いプレーヤーは、飛距離がでて
ドライバーショットが安定しています。

ドライバーショットが安定しないと
良いスコアでラウンドするのは難しいです。

ドライバーで誰よりも飛ばして、
セカンドショットをショートアイアンで打つ。

ドライバーが安定すると
バーディーを狙えるラウンドができます。

こんなゴルフが出来れば最高に楽しいでしょう。

今日は飛距離を出すドリル
と曲がらないドライバーの打ち方をご紹介します。



飛距離をアップする「壁おしドリル」

このドリルは簡単なので練習場の壁や柱を使って練習できます。

(1)クラブを持ってトップの形をつくります

このドリルは壁や柱を使います。

スイングをしなくても良いので自宅の柱でも良いです。

クラブは何でも良いです。

ドライバーじゃなくてもアイアンやパターでも良いです。

まずはトップの形をつくります。

(2)グリップエンドで壁や柱を押す

自分の右側に壁や柱がある場所でアドレスします。

しっかりと深く肩を回した状態でトップを作ります。

トップの形を作ったらグリップエンドで壁や柱を押します。

腕の力ではなく体の回転で押すようにします。

トップからダウンスイングに切り返すときの
「タメ」ができるようになります。

ヘッドスピードがあがり飛距離アップを期待できます。

ラウンド前に行うと肩甲骨まわりの
ストレッチ効果もあります。

ぜひ一度、飛距離をアップする「壁おしドリル」
をクリックしてご覧になってみてください。
↓ ↓ ↓

自然にトップで「タメ」が作られます。

ヘッドスピードがあがり飛距離アップが期待できます。

曲がらないドライバーの打ち方

ドライバーが曲がると大叩きになりスコアを崩します。

ドライバーが曲ると
OB、バンカー、林、斜面、池
などに入りやすいです。

曲がらないドライバーショットを打てると
大幅なスコアアップを期待できます。

曲がらないでドライバーを打つ方法

(1)いつも同じリズム、テンポでスイングする

早かったり遅かったりとテンポが安定しないと
ドライバーショットが左右にブレやすくなります。

「池越えになると、ミスショットをする」

「OBゾーンが気になると、ドライバーで失敗する」

その原因の1つは
「リズムが狂う」から。

プレッシャーにより結果が気になる
とスイングリズムが早くなる。

必要以上に丁寧にバックスイングをする
とスイングリズムが遅くなる。

ではどうすれば良いのか?

良いリズムを作るにはルーティンが効果的です。

自分が急いでいるときは10秒が長く感じます。

自分がのんびりしているときは10秒が短く感じます。

いつもと同じスイングをしているつもりでも
体内リズムによってスイングのリズムもかわるのです。

打つ前の動作(ルーティン)にかける時間を毎回同じにするのが理想です。

スイング時の体内リズムも一定になりやすいです。

スイングリズムをいつも同じにするには

「ルーティンにかける時間を毎回同じにする」
が効果的です。

(2)体重移動をおさえる

アマチュアの9割は体重移動を意識しすぎで
スイングが不安定になっています。

バックスイングで右に体重を移動し過ぎです。

バックスイングで右足に大きく体重を移動すると
ダウンスイングで左に大きく戻す必要があります。

左右の動きが大きくなるとインパクトのタイミングが難しくなります。

インパクトがジャストタイミングであえば芯で打てる可能性はあります。

でも難しいです。

もしあなたが飛ばそうとして
左右に体を動かしているなら、、、

体重移動をおさえると
ショットが安定する可能性がありますよ。

* * *

飛んで曲がらないドライバーの打ち方をご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)飛距離アップする壁おしドリル
(2)いつも同じリズム、テンポでスイングする
(3)体重移動をおさえる

ドライバーショットが安定すると
大幅なスコアアップを期待できますよ。

あなたの飛距離はまだまだ伸びますよ。

応援しています!

スポンサーリンク