ゆっくりアプローチでトップ・ダフリ防止練習法

練習場では綺麗に打てるのにコースにでると
アプローチでダフリやトップをしてしまう

そんなお悩みを持っている人も多いのではないでしょうか?

カップを目の前にしても、ダフリやトップがでてしまうと、
がっかりしますね。

ダフリやトップの原因は、いくつか考えられますが、

身体が上下に動いてしまう
スイングのリズムが早くなってしまう

大きく分けると上記2つの原因がほとんどです。

もちろん軸が安定せずに
頭が上下に動いてしまうと、スイング軌道の最下点がずれてしまい、
打点が不安定になりミスショットにつながってしまいます。

最も多い原因として挙げられるのが、
ストロークのリズムが早くなってしまうことです。

ストロークのリズムを安定させる方法があります。

左手一本スイングでトップ・ダフリ防止

最初に左手でグリップします。

右手を左手首の上に置いてアドレスします。
左手一本でアプローチをします。

注意点としては、腕をリラックスさせることです。
腕をリラックスさせて、スイング中、クラブヘッドの重みを
感じながらスイングして下さい。

アプローチでのスイングリズムは全て一定になります。

スイングのリズムを常に一定にして
スイングすることが重要になってきます。

バックスイングがゆっくりなのにダウンスイングで
スピードが早くなってしまわないように気をつけます。

右手を左手首の上に置いて、スイングすることによって、
リズムが早くなりやすいダウンスイングで、腕を早く下ろしてしまう動きを
抑えることができるようになってきます。

腕の使いすぎが(特に右手)、リズムが早くなる原因なので、
腕の使いすぎをなくすと、身体と腕が同期してきて、
リズムとスイング軌道が安定し、ミート率が上がってきます。

最初は難しく思うかもしれませんが、この練習を続けていくと、
アプローチでの精度が格段にアップします。

ワン・ツー・スリードリル

腕の使いすぎがなくなったら、一歩上の練習ドリルに移ります。

ワン・ツー・スリードリルです。

スイング中、ワン・ツー・スリーと声に出すことによって、
一定のリズムでスイングできるようになってきます。

打ち急ぎを防ぐことができます。

アドレスで”ワン”、バックスイングで”ツー”、ダウンで”スリー”です。

声に出しながら、ボールを打ってみて下さい。

詳しくは、こちらをご覧下さい。

応援しています。

スポンサーリンク

フォローする

もしあなたが、

手っ取り早く100切りしたい!

と考えているならば、↓の練習方法が効果的です。

初心者でも3ヶ月以内に100切りを達成

是非、試してください。

スポンサーリンク