ドライバーショットを芯で捉える練習法

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アマチュアゴルファーの悩みの多くは、

第1位 ボールをもっと飛ばしたい。

第2位 芯でボールを捉えたい。

第3位 狙ったところに打ちたい。

確実にボールを芯で捉えて、遠くに正確に飛ばすためには、
スイングしたら、自然にボールに当たることです。

それには、まずは、アドレスです。

アドレスなくして、ナイスショットはありえません。

ボールの後ろからターゲットを確認します。
ボールから1mくらい前方に枯葉等の目標を見つけます。
目標とボールを結んだ線に対して、直角にフェイス面を合わせます。

問題は、ここからです。
いくらフェイス面がターゲットを向いていても、

身体が正確に向いていないことがあります。

肩のライン、腰のライン、ひざのラインを飛球線に対して
平行になるように構えることが重要です。

意外と身体が右を向いていることが多いので注意しましょう。

次にグリップです。

フックグリップがおススメです。

右手のグリップですが、薬指と中指の第2関節あたりで、
引っかけるようにグリップします。
人指し指と親指は、つまむ感じでグリップします。

握る強さは、思いきり握った力を10とした場合、
その3割くらいの力で握ります。

力を入れすぎてしまうと、腕が動かなくなってしまいます。
アドレスは、股関節から前傾することがポイントです。

少しひざを曲げて、背中が猫背にならないようにします。
下半身は、足踏みができるくらいリラックスさせます。
手首の位置は、ほぼアゴの真下にくるようにします。

次は、いよいよスイングです。

アドレスが完成したら、バックスイング以降は、
クラブヘッドとシャフトのジョイント部分を見るようにします。

ボールを見てしまうと、ついつい当てにいってしまいます。
ジョイント部分を見ることによって、スイングに集中できます。

スイング中、右足の太ももを緊張させて、左サイドに
流れないようにして下さい。

両ひざの角度をキープして、体の軸を中心に、体全体で
スイングすることが大切です。

インパクトからフォロースルーにかけては、
右太ももを左太ももに寄せるように動かします。

フィニッシュでは、左足1本で立てるようにします。
ダウンスイングでは、右足で地面を踏み込んで、
右ひざを左ひざに寄せるようにします。

ダウンスイングで起こりやすいミスは、
手首が、身体から離れてしまうことです。

手首が体から離れてしまうと、
フェイス面が開いて、ヘッドのヒールに当たり、
飛距離や方向性をロスしてしまいます。

インパクトのとき、手首をアドレスの位置に
戻してくる必要があります。

そこでおススメのドリルがあります。
このドリルで、正しい手首の位置をマスターすることができます。

応援しています。