狙い通りに打つアイアンを身に付ける!

今の時期は、スイングを身に付ける事が必要な時期です。

だから練習量を増やし、体に覚え込ませるという事がとても大事です。

アイアンショットで言うと、同じところに何球も打つという事がとても大事なのです。

100yの看板を狙って打っていたら、何球打ってもその看板の近くに落ちるくらい、100yくらいなら看板に当てるくらいのつもりで狙いましょう。

もちろん当たらなくてもいいのですが、それくらい同じスイングで何回も同じ球が打てるようになる事が大切です。

それを120yの看板でも150yの看板でも同じで、毎回同じ距離を、同じ狙いで打てるようになる事が大事なのです。

同じ距離を同じように打つ事がアイアンでは特に大事なのですが、アイアンなのに飛ばそうとしたり、思い切り振ろうとしている人がとても多いです。

狙える距離を狙うというのがアイアンの大事なポイントなのですが、どうしても振ってしまうのです。

練習場では普通に打てていても、コースに出たら振りすぎてしまう人もいますね。

アイアンの振りすぎを抑えたい場合は、足を意識してみましょう。

足の2つのポイントを意識します。

1つは、左足がフォローからフィニッシュでめくり上がらないようにする。

左足がめくれるくらい振ってはいけませんよって事です。

そして、2つ目が左のヒザを伸ばさないようにする事です。

簡単に言うと、左の足がめくれないようにする為に、左のヒザは伸ばさないのです。

左のヒザが伸びなければ左の足がめくれ上がる事もないので、左足を意識し、振りすぎないアイアンショットを身に付けて下さいね。

まずは素振りで何回もやってみましょうね。

応援しています。

スポンサーリンク

フォローする

もしあなたが、

手っ取り早く100切りしたい!

と考えているならば、↓の練習方法が効果的です。

初心者でも3ヶ月以内に100切りを達成

是非、試してください。

スポンサーリンク