100ヤードのアプローチの距離感をつかむ方法

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピンまで100ヤードの距離!

ミスショットで距離が残った時、

距離が短いミドルのセカンドショット、ロングホールのサードショットで残り100ヤードがあります。

100ヤードは、意外と打つことが多くスコアメークのポイントになります。

100ヤードをどのクラブでどのように打つかは、スコアアップに直結する重要なポイントです。

残り100ヤードからピンにピッタリつけることができると、ゴルフがさらに楽しくなります。

残り100ヤードでグリーンから外してしまうと、スコアアップは期待できません。

そこで、100ヤードをピンにピッタリ、寄せるにはどうしたらよいかです。

100ヤードのショットで大切なのは距離感

飛びすぎても、短すぎてもいけません。

ボールが飛びすぎてグリーンをオーバーしてしまうと、難易度が高いアプローチが残ってしまいます。

もしグリーンに乗ったとしても、グリーンの奥に乗ってしまうと、下りのパットが残ってしまい、3パットの危険性が出てきてしまいます。

逆に飛ばなさすぎても、グリーン手前のバンカーに入ってしいスコアメイクするのが難しくなってしまいます。

100ヤードを正確に打つためのポイントは、左右の方向性より、まず距離感です。

距離感を高めるにはどうしたらよいでしょう・・・

クラブを短めに持ちスタンスを狭くする

もし100ヤードをAWのフルスイングで打っている場合は、PWを短めに持ってみて下さい。

クラブを短めに持ったら、スタンス幅も狭くしてみて下さい。

スタンスを狭くすることで中心軸のブレを無くします。

インパクトの形に再現性を持たせる

ショートアイアンの距離がばらついてしまう原因は、インパクトでのフェース面が変わってしまうからです。

インパクトですくい打ちになってしまうとロフト角が寝てしまいます。

PWのロフト角が増してしまい、ボールが上がり飛距離が落ちてしまいます。

インパクでのハンドファーストの度合いが同じなら、いつも同じ距離を打てるようになります。

インパクトの形に再現性を持たせるには左足重心がよいでしょう。

トップのポジションを同じくする

バックスイングでフェース面がひらいてしまわないように!

バックスイング中、クラブヘッドを見なくてもどのポジションにクラブヘッドがあるのかどの向きにフェースが向いているのかイメージして練習することです。

100ヤードを正確に打つためのポイントは、

  • クラブを短めに持ちスタンスを狭くする
  • インパクトの形に再現性を持たせる
  • トップのポジションを同じくする

です。

100ヤードをきっちり打てるように練習しましょう。
必ず、スコアアップに繋がります。

参考になれば幸いです。

今週のおすすめ練習法

日本人が誰も知らなかった「世界標準の骨を使った欧米人直線運動スイング」の秘密が大量の画像と共に公開されました。日本人とまったく違う欧米人ゴルフスイングの「共通の同じ動き」を無料大公開中です。↓

世界標準の骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!

ゴルフのいろいろな悩みや課題を解決したい方はこちらへ

スポンサーリンク
100ヤードのアプローチの距離感をつかむ方法
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!