アプローチが上達するにはコツを掴むことです!




アプローチが上手い人は
ボールの寄せ方のコツを掴んでいます。

アプローチのミスが減ると
大幅なスコアアップを期待できます。

グリーン周りのストレスも減り
ゴルフが楽しくなりますよ。

もしあなたも

「アプローチのミスが減らない!」

と悩んでいるのであればこの記事が参考になります。



アプローチが上手くなるコツを紹介

ミスの少ないAWを使う

アプローチに使うクラブはAWがおススメです。

グリーン周りのアプローチはSWでと
最初から決めている人もいますが、、、

おそらく多くのプロがSWを使うからでしょう。

アプローチに使うクラブとして
PWも選択肢に加えると良いです。

SWに比べてロフトが少ないAWやPWはミスが少なく
距離感もあわせやすくなります。

プロの試合はグリーンが早いので
SWを使わないと寄せるのが難しい場合も多いです。

普段アマチュアがラウンドするグリーンは
AWやPWで対応できるケースが多いです。

ラウンドでいろいろ試してみてはいかがですか?

アプローチに使うクラブとして
AWやPWも使ってみましょう。

左ヒザの角度を変えないでショットする

アプローチは、左足を安定させると、

・クリーンにボールをヒット出来ます
・『打ちたい距離』を打てる確率が上がります

バックスイング時に、左膝をできるだけ
動かさないようにすることを意識してください。

アドレスからバックスイング始動後、
トップのポジションまで、

・左膝をできるだけ動かさないように
・左膝が伸びないように

を同時に意識しましょう。

すると左足がしっかり踏ん張れて、
打点が安定しますよ。

頭を動かさないでショットする

アドレスからバックスイング始動後、
トップのポジションまで、
頭を動かさないようにします。

アドレスからトップまで左膝と頭を動かさないと
ショットが安定します。

アプローチが苦手な人は
バックスイングで左膝と頭の位置が
動いているケースが多いです。

アプローチが上手い人は
バックスイングで左膝と頭の位置が動きません。

是非、試してください。

もしあなたが
「アプローチが苦手」
と悩んでいるなら、↓の練習法を試してみてください。

必ずアプローチ、バンカーショットが上達する練習法
必ずアプローチ、バンカーショットが上達する練習法
ゴルフの1打に求められる正確度の順位は、パット > アプローチ > アイアン > フェアウェイウッド > ドライバーとなります。しかし、多くのアマチュアゴルファーの練習割合は逆ではないでしょうか?どれだけドライバーが飛んでも最終的にカップへボールを沈めるのはパターです!

応援しています!

参考: どうすれば、ゴルフ上達できるの?

手っ取り早く90を切ろう!

ゴルフの上達を願ってやまない熱心なゴルファーのために!

164cm、61歳、グローブサイズ22の私でも平均飛距離280ヤードです。

身長、体重、年齢、性別はゴルフスコア、飛距離にはなんのかかわりもありません。

80を切るというのであれば、それなりのお金も時間もがかかりますが、90を切るのでいい、というのであれば誰にでもできることです。

ゴルフの上達を妨げているのは錯覚と誤解なのです。

手っ取り早く90を切るゴルフ上達法!

スポンサーリンク

フォローする

アプローチが上達するにはコツを掴むことです!
この記事をお届けした”上達するゴルフ練習法”の最新記事を、いいねしてチェックしよう!



スポンサーリンク