安定したドライバーショットの打ち方

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴルフのスコアが崩れる原因の多くは
ドライバーのミスショットではないですか?

「あそこでOBがなければなー」
とラウンドが終わるといつも言っていませんか?

ドライバーショットが安定していると
スコアを大きく崩さずにすみます。

ショットが安定すると、気持よく振りきれるので
飛距離も出しやすいです。

ドライバーショットを
安定させる方法がありますか?

安定したドライバーショットの打ち方

(1)アドレスのチェックが最優先

ドライバーが安定しないのはスイングの問題だけではない!

実は、、、

ドライバーが安定しない理由はアドレスに問題あり!

アドレスに問題があるのに、
スイングを直しては問題が複雑になります。

「ショットが安定しない」と悩んだら
まずはアドレスをチェックしましょう。

ショットを安定させるアドレスの作り方は
こちらを参考にしてください。

正しいアドレスを決める方法 ”Y字型”、逆K字型”

(2)前傾角度のキープがショットを安定させる

ショットが安定しない大きな理由の1つが、
「スイング中の前傾角度が変わる」です。

スイング中に前傾角度が変わると、、、

・トップやダフリがでます

・スライスやフックもでます

・飛距離も落ちます

などなど、、、

前傾角度が変わると、
あらゆるミスショットにつながります。

スイング中の前傾角度のキープは
ショットの安定には必須条件なのです。

前傾角度をキープしようとすると
上半身ばかりを意識しがちです。

実は、、、前傾角度がブレるのは
「腰の高さが安定していない」
というケースもあります。

スイング中の腰の高さを変えない」がポイントです。

腰の高さが安定すると、
上半身の前傾角度も安定します。

ただ、、、前傾角度が変わる原因に
アドレスに問題があるケースが多いです。

アドレスが安定しないと、
上半身がぐらついて前傾角度もキープできませんから。

アドレスのチェックとスイング中の腰の高さを変えないが大切です。

ナイスショットの必須条件は前傾角度をキープするです。

(3)スウェーを防止して飛距離を伸ばす

飛んで曲がらないショットを打つために
「スウェー」はスイング最大の敵です。

ショットが安定しなくなり
飛距離を大幅にロスします。

飛ばそうとしてスウェーをしている
ゴルファーは多いです。

スウェーを防止して飛距離を伸ばす方法は
こちら参考にしてください

スウェーを防止する方法

スウェーを防止すれば、スイング軸が安定するので、
飛距離もアップしますよ。

応援しています。