100ヤード以内を確実にピンに寄せるアプローチ




グリーンまで100ヤード以内、、、

この距離を結構苦手と感じている方は多いのでは?

どうですか、あなたは100ヤード以内の
打ち分けはできていますか。

100ヤード以内は
スコアに直結する距離です。

この距離の打ち分けをマスターできると
一気にスコアアップできますね。



100ヤード以内の距離感を身に付ける

(1)フォローで距離感を出す

100ヤード以内の難しさは
「フルショットできない」ということにあります。

フルショットできる距離なら
クラブの番手で距離を調整できます。

距離を合わせようとしてインパクトで緩みがちです。

インパクトの緩みを防止する方法として
オススメなのは

「フォローで距離感を作る」という方法です。

フォローの大きさを決めてから
ボールを打つとインパクトで緩むというミスを防止できます。

(2)加速させながらボールを打つ

コントロールショットで一番いけないのは
インパクトで緩むこと。

加速させながらボールを打てば
多少ダフリ気味でも大きなミスになりにくいです。

小さなスイングでも
加速させながらボールを打ちましょう。

アプローチが成功すればスコアは良くなる

もしあなたが、

アプローチの打ち方に悩んでいるのであれば、

おすすめの方法があります。

それは、ゴルフが上手い多くの人は
アプローチの得意クラブを持っています。

アプローチで寄せワン狙うには
得意なクラブを1本持つことです。

アプローチで得意なクラブがあると

・アプローチの大きなミスが減る

・アプローチでピンに寄る確率が増える

・状況にあわせたアプローチを打てる

など、、、グリーン周りでの打数が減り
スコアアップが期待できます。

アプローチは得意な1本を作れ!

(1)得意なクラブがあると安心してプレイできる

アプローチには様々な状況があります。

プレッシャーのかかる場面もあります。

そんなときに信頼できるクラブがあると
安心してアプローチができます。

信頼できるクラブがあると
そのクラブを基準にアプローチのバリエーションを増やせます。

アプローチではPW、AW、SWのいずれかを
得意クラブにするのがオススメです。

(2)迷ったらAWを得意クラブにする

SWをアプローチで使用する方が多いですが、、、

SWよりAWの方が簡単です。

SWはフェース面が上を向いているので
ボールの下をくぐりやすいです。

ダルマ落としのようになり
距離感がつかみにくいです。

SWのロフトは56度、58度が多く使われています。

AWは52度くらい。

SWの56度と、AWの52度では違いは4度ですが、

SWのバウンスがAWより大きく難しさが増します。

アプローチはSWを使うよりAWを使うと
とても簡単になります。

(3)キャリーとランの比率が距離感に大切

得意クラブを決める時、
キャリーとランの割合は「ランを少し多め」がオススメです。

キャリー:ラン = 4:6

このあたりがオススメです。

ピッチエンドランと呼ばれるアプローチです。

この比率のアプローチをマスターすると
実際のラウンドで使える場面が多いです。

ピッチエンドランを基準にして
ロブショットやランニングアプローチを打てるようになります。

フェース面を少し開けばランを減らせます。

手首を柔らかく使うとロブショットになります。

ボール位置の右にすればランが増えます。

クラブを変えればキャリーとランの比率が変わります。

クラブをPW、9番アイアンに持ち帰れば
ランニングアプローチを打てます。

このように基準となるピッチエンドランを
身につけると応用が出来るようになります。

様々な状況でピンに寄せる事ができるようになります。

AWによるピッチエンドランをマスターすると
アプローチがとても簡単になります。

距離感も出しやすいです。

得意なクラブでピッチエンドランを身につけてはどうですか?

アプローチが簡単になり
大幅なスコアアップを期待できますよ。

応援しています。

参考: どうすれば、ゴルフ上達できるの?

手っ取り早く90を切ろう!

ゴルフの上達を願ってやまない熱心なゴルファーのために!

164cm、61歳、グローブサイズ22の私でも平均飛距離280ヤードです。

身長、体重、年齢、性別はゴルフスコア、飛距離にはなんのかかわりもありません。

80を切るというのであれば、それなりのお金も時間もがかかりますが、90を切るのでいい、というのであれば誰にでもできることです。

ゴルフの上達を妨げているのは錯覚と誤解なのです。

手っ取り早く90を切るゴルフ上達法!

スポンサーリンク

フォローする

100ヤード以内を確実にピンに寄せるアプローチ
この記事をお届けした”上達するゴルフ練習法”の最新記事を、いいねしてチェックしよう!



スポンサーリンク