パターの距離感、右手1本で養う方法

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パターは、ドライバーやアイアンと比較して、
初心者でも手軽に打つことができるショットです。

しかし距離感を合わせることが難しく、
距離感が合わないと、簡単に3パットしてしまいます。

他のショットより距離感がシビアになってくるのです。

とはいえ、パターは努力次第で上達が可能なので、
どれだけ努力できるかが重要になってきます。

パットイズマネーと言われるようにパターは、
スコアを決める最後の重要なショットです。

パットの一打もドライバーの一打も同じ一打です。
パットの上達次第では、他のショットが変わらなくても、
10以上の差が出てしまうことがあります。

スコアアップのポイントは、いかに3パットをなくすかです。

アマチュアの平均パット数はどのくらいだと思いますか?
90前後のスコアのゴルファーであれば36パット、
平均2パットくらいのようです。

プロゴルファーの場合、平均31パットと言われています。
アマチュアゴルファーとの差は5打ですが、
この5打が大きな差となってきます。
プロのこの5打はバーディー或はイーグルでしょう。

90前後のスコアのゴルファーでしたら、
36パットを切ることを最初の目標にしてみて下さい。

36パットを切ると言うことは、
各ホール平均2パット以内ということになります。

パット数を減らすためのポイントは、
とにかく距離感です。

距離感を高める方法はいろいろとありますが、
効果的な方法を紹介します。

1.手投げ練習
距離感を高めるためには、最初はパターを使わないことです。
手でボールを持ったら、ボーリングの要領で
下手投げでボールを転がしてみて下さい。
力加減を体感してみて下さい。

手で投げてターゲットに寄せることができたら、
パターでもカップに寄せることができるようになります。

2.パター練習その1
手投げで距離感をつかんだら、次はパターで打ってみましょう。
いくつか振り幅のパターンを決めていただいて、
振り幅と転がる距離の関係を体感して下さい。

3.パター練習その2
振り幅と転がる距離の関係を体感したら、
さらに感覚を磨いていきます。
目をつぶって、打ってみて下さい。

目を開いてボールを見る前に、どこで止まったか予想して下さい。
目を開いてボールを見て下さい。

ボールが実際に止まった位置と予想した位置のずれを
確認して下さい。
ずれがなくなるまで、練習してみて下さい。

4.パター練習その3
距離感を決める身体の部位は、右手です。
そこで、徹底的に右手を鍛えます。

右手一本で、カップを見ながら素振りをする。
感覚をつかんだら、実際にボールを打ってみる。
右手を研ぎ澄ますことができます。

この続きは、こちら。

応援しています。

今週のおすすめ練習法

日本人が誰も知らなかった「世界標準の骨を使った欧米人直線運動スイング」の秘密が大量の画像と共に公開されました。日本人とまったく違う欧米人ゴルフスイングの「共通の同じ動き」を無料大公開中です。↓

世界標準の骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!

ゴルフのいろいろな悩みや課題を解決したい方はこちらへ

スポンサーリンク
パターの距離感、右手1本で養う方法
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!