この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドライバーがスライスするミスショットを防ぐ

スライスの原因は、大きく2つに分けることができます。

・フェイス面がオープンになっていること
・スイング軌道が間違っていること(アウトサイド・イン)
です。

フェイス面のオープンとスイング軌道の組み合わせによって、
スライスのタイプは、3つに分かれます。

プルスライス
ストレートスライス
プッシュスライス
です。

自分のスライスのタイプを把握しているか?

(A)プルスライスって?

プルスライス・・・打球が左に飛び出してから、右に曲がっていくスライス

アウトサイド・イン軌道でヘッドが下り
インパクトでフェースがオープンになっていることが原因です。

(B)ストレートスライスって?

ストレートスライス・・・最初はまっすぐに飛び出していくのに、途中から右に曲がっていくスライス

スイング軌道は正しいのに、フェイス面がオープンになっていることが原因です。

(C)プッシュスライスって?

プッシュスライス・・・最初から右に飛んでいき、さらに右に曲がるスライス

インサイド・アウト軌道でヘッドが下りてきて、フェイス面がオープンになっていることが原因です。

3種類のスライスに共通している原因は、フェイス面が
オープンになっている点です。

フェイス面がオープンにならないための確認ポイントが3つあります。

(1)ウィークグリップになっていないか

ウィークグリップになっていないかをチェックして下さい。

上からグリップをみたときに、指の関節、ナックルが
2個半から3個見えているかを確認して下さい。

もし見えている関節、ナックルが少なかったら、
ウィークグリップになっている可能性があります。

ウィークグリップは、フェイス面がオープンになりやすいので、
注意が必要です。

(2)左腕と右手の位置関係が正しいか

インパクトのとき、左腕と右腕の位置関係が
間違っていると、フェイス面がオープンになってしまいます。

インパクトからフォローにかけて、左腕が上になっていると、
フェイス面がオープンになります。

インパクトからフォローにかけて、右腕が左腕を追い越して、
フェイス面が返るようにすることが大切です。

右腕が左腕を追い越すためには、インパクトで手先、グリップが
先行しすぎないことです。

インパクトでヘッドが手、グリップを追い越していく感じが大切です。
詳しくは練習ドリルをご覧ください。

ボールが滑って右へスライスするミスショットをなくす為の練習ドリルはこちら

(3)手首の角度は正確?

アドレスで作った左手首の角度をキープすることが大切です。

左手首の角度が狂うと、フェイス面がオープンになったり、
クローズドになります。

左手の甲がくねくね曲がらないようにして下さい。

初心者のほとんどは手先でボールを当てにいくのでスライスしてしまいます。

手元が加速することでヘッドは減速し
フォローで振りきれなくなって
左肘が引けてしまったり
左脇が開いたり、体が手に引っ張られ起き上がったり
体がひらいてしまう原因をつくってしまいます。

正しくは、手元はインパクト付近で減速し
ヘッドが加速し始めます。
そしてヘッドはインパクト直後に最大スピードを迎えます。

この練習ドリルで正しいヘッドの動きを
体感しスライスを修正していきましょう。

応援しています。

スポンサーリンク

ゴルフは「正しい練習」を「正しい手順」で行えば100%確実に上達!

ゴルフの悩みを一発で解決する練習教材

飛距離アップ教材 スイング教材

ショートゲーム教材 ゴルフ教材

ドライバーがスライスするミスショットを防ぐ
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!