チップインするランニングアプローチの打ち方




ショートゲームはゴルフ上達への近道です。

ランニングアプローチは振り幅も小さく、アプローチの中でもやさしい打ち方です。

ランニングアプローチのメリットは、

  • ミスが少ない(ザックリやトップになりにくい)
  • 方向が安定する(狙った方向に打ちやすい)
  • 距離感があわせやすい

ランニングアプローチが決まると格好いいですね。

どんな状況でランニングアプローチを使うか?

ボールとグリーンの間に障害物がなく、グリーンエッジからピンまで距離が長い場合に有効です。

ランニングアプローチはパッティングに近いショットでありスコアの要です。



「上げるアプローチ」と「転がすアプローチ」

(1)上げるアプローチのデメリット

・ラインが出ないので、チップインの確率は下がります

・スピン量が毎回変わるため距離が安定しない

・芝が薄いと非常に難しい

(2)転がすアプローチのメリット

・ライが悪くても打てる

・ミスが圧倒的に減る

・距離感が出しやすい

・方向性が安定する

アマチュアがラウンドするコースのグリーンはそれほど速くありません。

ボールを上げなくてもボールは十分止まります。

アマチュアの方がプロよりもランニングアプローチを使える場面が多くなります。

ランニングアプローチの打ち方と距離感

(1)アドレスと打ち方

ポイントはこれ。

・スタンスは狭く、若干のオープンスタンス

・グリップはハンドファースト

・クラブフェースはターゲットにスクエア

・ボールをできるだけ低く打つイメージ

ラウンド中に意識するのはグリーンの傾斜だけです。

練習場ではスタンス、リズム、スイングを覚えましょう。

(2)キャリーとランの比率を身につける

アプローチができる練習グリーンでキャリーとランの比率を覚えましょう。

転がる距離はアドレスや使うクラブで変わります。

使うクラブは自由ですが、迷ったら9番アイアン、PW、AWを使うと良いです。

9番アイアンなら、おおよそ1:5

キャリー 3ヤード
ラン  15ヤード
合計  18ヤード

ただし、打ち方やボールポジションによって、この比率は大きく変動します。

ボールポジション、リズム、打ち方を一定にしてからあなたのキャリーとランの関係を理解することが大事です。

(3)イメージを明確にする

ランニングアプローチで重要なのは「距離感」です。

グリーン上を転がる距離が長いのでパットに近いショットです。

・グリーンの傾斜を把握します

・素振りをしながらボールがコロコロと転がりカップインする場面をイメージします

イメージを明確にすると自然に振り幅が距離と一致します。

ランニングアプローチは振り幅で調整をするよりイメージを重視した方が成功するケースが多いようです。

カップインする場面をイメージしてイメージが消えない打ちに打ちましょう。

回数を繰り返すほど距離感が良くなります。

(4)パターのように打つ

ランニングアプローチではボールを上げようとしてはダメです。

低く上げて、低くボールを押し出す。

パターで転がすイメージがオススメです。

自然にストロークが安定します。

ラウンドでは積極的にランニングアプローチを実践しましょう。

コースでいろいろ試してみると短期間に上達しますね。

ランニングアプローチはスコアアップの強い味方です。

ぜひ積極的に練習してマスターしてください。

参考:グリーン周りからのランニングアプローチを成功させる練習法がこちらにもあります。

グリーン周り寄せるアプローチ・入れるパター練習法
グリーン周り寄せるアプローチ・入れるパター練習法
スコアアップにはアプローチを重点的に練習すべきだ!ということです。でも、アプローチでいくら1~3m圏内に寄せても肝心のパターが入らなければ・・・逆に、パターにいくら自信があってもアプローチで1~3m圏内に寄せなければ・・・

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク