パターの距離感と方向性を養い3パットを減らす

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「3パットが多い」とお悩みなら、、、

ロングパットの距離感を磨くことで
スコアが大幅に良くなる可能性が高いです。

3パットが多いのはショートパットが入らないからではなく
ロングパットの距離感が合わないのが原因です。

少し長めのパットを簡単にカップインできたら
最高ですよね。

パットの精度が高くなると
大幅なスコアアップを期待できますよ。

3パットを撲滅する
パターの距離感と狙った方向に正確にパットをする方法をご紹介します。

ラウンド前にロングパットの練習

ストロークの練習はパターマットで毎日行いましよう。

練習グリーンで行うのは「タッチの確認」です。

練習グリーンの平らな場所で
10ヤード、20ヤード、30ヤードと
距離を変えて練習します。

ストロークの大きさで距離感を作ります。

平らな場所で距離感をつかんだら
上りと下りも練習します。

上りのとき、どれくらい転がりが遅くなるか?

下りのとき、どれくらい転がりが早くなるか?

を確認します。

ラウンド前に練習した距離は、本番でも距離があいやすいです。

3パットが多いのはショートパットが入らないからではないです。

ロングパットの距離感が合わないことが原因です。

距離感が合わないと悩むなら、ラウンド前にロングパットを練習しましょう。

狙った方向に正確にパットする

これは私達ゴルファーにとって永遠の課題ですよね。

1.5~2mのパットを確実に入れる事ができたら
ゴルフスコアは驚くほど良くなります。

曲がるラインだと難しいでしょうが
真っすぐ上りの2mのパットは入れたいです。

2mを確実に入れるには
狙った方向に正確に打てるか?
が勝負です。それには、

芯で打つ

芯を外すとフェースの向きは大きく変わります。

トゥ側でボールを打つとフェースが開きます。

ヒール側でボールを打つとフェースが閉じます。

フェース面が開閉するとカップを外れます。

芯で打つと転がりの良いボールになりカップに入りやすくなります。

慣性モーメントが大きいパターを使う

最近は大型マレットのパターが増えています。

慣性モーメントが大きく打点のミスに強いパターを使うと
芯を外した場合のズレが小さくなります。

パットの方向性が安定しないなら
大型マレットパターがオススメです。

パットの精度が高くなると大幅なスコアアップを期待できますよ。

もしあなたが
「3パットが多い」と悩んでいるなら
アプローチを練習するのも良い方法です。

3パットの1番の要因は
ファーストパットの距離が長いからです。

アプローチでピンに近づければ
3パットを減らせてスコアが良くなります。

応援しています。

今週のおすすめ練習法

日本人が誰も知らなかった「世界標準の骨を使った欧米人直線運動スイング」の秘密が大量の画像と共に公開されました。日本人とまったく違う欧米人ゴルフスイングの「共通の同じ動き」を無料大公開中です。↓

世界標準の骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!

ゴルフのいろいろな悩みや課題を解決したい方はこちらへ

スポンサーリンク
パターの距離感と方向性を養い3パットを減らす
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!