アイアンのトップやダフリを素振りで直す方法

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もしあなたが
アイアンのミスが多い
と悩んでいるならオススメの練習方法があれます。

アイアンのミスはトップやダフリが多いですね。

トップやダフリを防止すれば、安定したスコアが期待されます。

トップやダフリの原因で一番多いのは、「上半身の力み」、「軸がぶれる」でしょう。

どうすればアイアンのミスを減らせるのか?

トップやダフリを素振りで直す

(1)トップを直す(打ち損じのトップ)

スイング中の体の上下動がトップになる原因の一つです。

インパクトで体がおきるとクラブヘッドがボールに届かなくなりトップになります。

このミスを減らすには、素振りで直します。

トップの位置で肩の力みが取れ、ヘッドの重みを感じられる。

素振りなので簡単にできると思います。

上半身の上下動をおさえたスイングが身に付きます。

トップを防止する効果があります。

(2)ダフリを直す

ダフリの主な原因は「ボールに当てに行く動き」です。

・左手のグリップ圧が強くなるとリストコックのリリースが早くなる

・左の脇が空いてしまうとクラブが寝てしまう

・ボールに向かって鋭角にクラブを振り過ぎる、、、

等々、色々あります。

これらの原因で、ボールの手前を叩いてしまいます。

ダフリを直すには、
バックスイング時の右ヒザの移動をおさえるだけで
ダウンブローに打てます。

バックスイング時の「右ヒザの移動をおさえる」
を意識をして素振りをすると右ヒザの移動がおさえられます。

ダフリを防止する効果があります。

「少しダフリ気味」がミスショットになる!

アイアンのミスショットで

「少しダフリ気味」というケースは多いです。

最近のアイアンは低重心なので「少しダフリ気味」でも
それなりにボールは飛んでくれます。

しかし、、、

クラブでミスをカバーするにも「限界」があります。

フェアーウェイのフワっとした芝の上にある
ボールは打てるけど、、、

芝が薄くなったりバンカーにあるボールは打てません。

ボールを打つ前に地面を打てばフェース面はずれます。

「少しのダフリ」がミスショットの原因なのです。

練習マットではダフってもミスになりにくいが
コースでは「少しのダフリ」でもミスショットになります。

マットの上からボールを打つと
少しくらいダフってもボールはそれなりに飛んでくれます。

ダフってもクラブヘッドがマットの上を滑るからです。

練習マットではダフってもミスになりにくいです。

ダフっても前にボールが飛ぶのでダフっていることに気づかないのです。

当然、コースでダフればボールは飛んでくれません。

ダフリのチェックと対策

まず「自分がダフっていないか?」を確認しましょう。

ボールの後ろ5cmの所に3cm四方の四角い紙を置いてください。

その状態でボールを打って、紙が動かなければナイスショットです。

紙が動けばダフっている証拠です。

結構、ダフっている人は多いですね。

もし「少しダフっている」という状態ならダウンブローをマスターしましょう。

ダウンブローをマスターすればミスが減り、力強いボールを打てます。

こちらにダウンブローの打ち方を紹介しています。

応援しています!