ドライバーのアドレスの向きとボールの位置

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドライバーは、ゴルフのスコアを決める大事なファーストショットです。

ドライバーショットの基本を見ていきましょう。

1 ティアップを高くし過ぎていませんか

ドライバーは、ティアップして打つクラブです。
そこでポイントになるのが、ティーの高さです。

ティーが高すぎてしまうと、すくい打ちになりやすく、
飛距離が落ちてしまい、テンプラなどのミスショットが出てしまいます。

逆にティーが低すぎても、ダウンブローで当たってしまい、
テンプラなどのミスショットが出てしまい、スピン量も多くなりすぎてしまいます。

ティーの理想的な高さは、アドレスしたときに、ボールの上部3分の1から半分程度が出るのがおススメです。

毎回同じティーの高さになるように、ティーやボールに印をつけておくと良いです。

体重配分は両足均等か少し右足寄り

アドレスのとき、体重配分は左右均等か少し右足寄りです。

左足に体重をかけてしまうと、体重移動がしにくくなり、クラブが鋭角に入りすぎてしまいます。

逆に右足に体重を乗せすぎてしまうと、右サイドに身体が傾いてしまい、
すくい打ちの原因になるので、注意して下さい。

3 グリップエンドと身体の間隔は、こぶし2個

上半身を前傾したとき、グリップエンドと身体の間に、こぶしが2個くらい入るのが理想的です。

前傾角度が深すぎてしまうと、腕と身体のバランスが崩れてしまい、
ミート率が落ちてしまいます。

前傾角度が浅すぎると、肩の回転がぎこちなくなってしまいます。

4 ボールの位置は左足かかとの延長線上

アドレスでのボール位置は、飛距離アップのポイントであり、
ミスショットを減らしてくれます。

ボールをセットする位置は、左足かかと内側の延長線上です。

ボールを正しくセットしたつもりでも、スタンスの向きを変えてしまうと
ボールのセット位置もずれてしまうことになるので、注意して下さい。

5 ヘッドを浮かせてアドレス

バックスイングは、ヘッドの重みを感じることが重要です。
ヘッドを浮かしておくと、ヘッドの重みを感じることができます。

6 右手の親指・人差し指はリラックス

フックを防ぐために、右手の親指・人指し指を
リラックスさせて下さい。

インパクトで力が入ってしまうと、
ヘッドが返り、フックが出やすくなってしまいます。

詳しくはこちらです。

応援しています。