体が硬くなってもヘッドが走り飛距離が出るドライバーの打ち方

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、体が硬くなり、飛ばなくなってきた!

と、嘆いていませんか?

飛距離が出るとゴルフは楽にプレーできますね。

ご安心!体が硬くなっても飛距離を出せる方法があります。

体が硬くなるとバックスイングで肩の回転が不足し

飛距離が落ちてしまいます。

肩の回転不足を補う方法

(1)アドレスで少し右足のつま先を開く

アドレスで少し右足のつま先を開くと

バックスイングで肩の回転がスムーズになります。

(2)右足を後ろに引いたクローズドスタンス

右足を後ろに引いたクローズドスタンスにすると
バックスイングで肩の回転がスムーズになります。

肩のラインはターゲットラインにスクエアにします。

肩のラインがスクエアなら狙った方向にボールを打ちやすくなります。

自分の体格や体の硬さにあわせてアドレスを調整します。

(3)トップで左腕を曲げても良い

トップでは左腕を伸ばすと言われています。

確かにプロのスイングはトップで左腕が伸びています。

体が硬くなってきたら無理に左腕を伸ばしたトップを作る必要はありません。

左ヒジに余裕を持たせ他方が力みがでません。

左腕を柔らかく使いましょう。

ダウンスイングの遠心力でインパクトでは左腕は伸びてくれます。

しなやかなスイングになり飛距離も出やすくなります。

体が硬くなってきても、軽く振ってヘッドを加速すれば
飛距離を伸ばせます。

軽く振ってヘッドを走らせる方法

軽く振ったスイングはヘッドが走り飛距離がでます。

どうすれば「軽く振ってヘッドが走る」のでしょうか?

(1)柔らかグリップで手首と肘を柔らかく使う

肘や手首の関節を柔らかく使うことが大事です。

飛ばそうとするとグリップに力が入ってしまいます。

スイングに力が入ると手首や肘の間接がスムーズに動きません。

柔らかグリップにすると手首や肘を柔らかく使えます。

飛ばしたい時ほど柔らかグリップで腕の力を抜きます。

ヘッドが走り飛距離がでます。

(2)腰を左右にスウェイさせない

飛ばそうとすると体を左右に動かしがちです。

左右に軸が動くことをスウェイといいます。

スウェイになると軸がぶれてヘッドが走らなくなります。

体の柔らかい人は、下半身を三角形に維持して、

上半身、特に頭が左右に動かない1軸スイングができます。

体の硬い人は、下半身を三角形に維持して、

上半身を動かすハイブリッドスイングがオススメです。

いががですか?

でも気付かないうちにアドレスやスイングは変わるものです。

出来ていると思っていても念のためにチェックしてみませんか?

ドライバーの飛距離が出るとパーやバーディーのチャンスが増えます。

大幅なスコアアップを期待できますよ。

あなたもまだまだ飛距離が伸ばせますよ!

応援しています。

今週のおすすめ練習法

日本人が誰も知らなかった「世界標準の骨を使った欧米人直線運動スイング」の秘密が大量の画像と共に公開されました。日本人とまったく違う欧米人ゴルフスイングの「共通の同じ動き」を無料大公開中です。↓

世界標準の骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!

ゴルフのいろいろな悩みや課題を解決したい方はこちらへ

スポンサーリンク
体が硬くなってもヘッドが走り飛距離が出るドライバーの打ち方
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!