右手の使いすぎはミスショットに繋がる

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

右手の使いすぎはミスショットが多くなります。

頭が残って左手でリードしていれば
手は自然に返るので右手の返しは必要ないのです。

左手でリードすると
再現性の高いスイングができます。

左手主導のスイング

右手を全く使わないという意味ではない。

右手を使いすぎるとショットが
暴れるので左手の方を強くした方が良いのです。

ボールを打つ前に「左手一本で素振り」をします。

左手一本でスイングをするので
かならず左手主導のスイングになります。

スイングリズムが早くなることを
防止する効果もあります。

右手は添えるだけのグリップ

右手を使い過ぎる一番の原因は
アドレスで右手のグリップが強すぎるのです。

左手の方が右手よりも
グリップ圧を強くするべきです。

左を強く、右を弱くする方法があります。

左手の小指が10だとしたら
そこから徐々に9、8,7・・と力を弱めて
右手の親指が最も弱く1になるような力の入れ方です。

左手の小指、薬指、中指でしっかりとグリップして、

右手はとても弱い握り方にします。

ゴルフを矯正するときは
極端にして直すと効果が早いです。

ですので、

もし「右手に力が入りやすい」
という場合は、

アドレスでは右手は添えるだけにします。

左手主導で飛距離アップ

右手を添えるだけで飛距離がでます。

実際に試してみれば効果を実感されます。

この状態でスイングをするとヘッドが走りやすくなります。

左手主導なのでスイングも安定します。

ヘッドスピードも上がり
クラブの芯で打てるようになります。

当然、飛距離もアップしますし
ショットも安定するわけです。

もしあなたが
「飛距離がでない」「ショットが安定しない」
と悩んでいるならお試し下さい。

こちらにも飛距離アップドリルがあります。

応援しています!

今週のおすすめ練習法

日本人が誰も知らなかった「世界標準の骨を使った欧米人直線運動スイング」の秘密が大量の画像と共に公開されました。日本人とまったく違う欧米人ゴルフスイングの「共通の同じ動き」を無料大公開中です。↓

世界標準の骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!

ゴルフのいろいろな悩みや課題を解決したい方はこちらへ

スポンサーリンク
右手の使いすぎはミスショットに繋がる
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!