狙った方向に正確なパットの打ち方、距離感の作り方

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうすれば、「3パットが多い」が減らせるのか?

3パットが多いのはショートパットが入らないからではないのです。

ロングパットの距離感が合わないことが原因です。

どうすれば、ねらった方向に正確にパットできるのか?

2mのパットを確実に入れるには「ねらった方向に正確に打てるか?」が勝負です。

これは私達ゴルファーにとって永遠の課題ですよね。

正確なパットの打ち方、距離感の作り方

(1)自宅練習でストロークを安定させる

パターマットを使った練習は、プロでも毎日、自宅やツアーのホテルで練習してます。

パターマットを使った練習は距離感を養うために重要なのです。

ストロークが安定し、芯で打てるようになるからです。

芯で打てて、ストロークが安定すれば振り幅で距離感を作れます。

下半身を固定し肩でストロークする動きを練習しましょう。

当然ですが、手を使いすぎると距離感があいません。

距離感を作るのは肩のストロークです。

そのために安定感のあるアドレスが大切です。

正しいストロークが出来てはじめて正確な距離感が出せます。

ロングパットの距離感を高めるには自宅練習が効果的なのです。

(2)距離感を合わせて3パットを減らす方法

距離感が合わないと悩むなら、ラウンド前にロングパットを練習しましょう。

ストロークの練習は自宅で行っているので、練習グリーンで行うのは「タッチの確認」です。

練習グリーンの平らな場所で10ヤード、20ヤード、30ヤードと距離を変えて練習します。

ストロークの大きさで距離感を作ります。

平らな場所で距離感をつかんだら上りと下りも練習します。

上りのとき、どれくらい転がりが遅くなるか?

下りのとき、どれくらい転がりが早くなるか?

を確認します。

ラウンド前に練習した距離は、本番でも距離があいやすいです。

3パットが多いのはショートパットが入らないからではないのです。

ロングパットの距離感が合わないことが原因です。

ラウンド前にロングパットを練習すれば、3パットは必ず減ります。

(3)フェース面の向きが勝負

パターの方向性はストロークの方向性よりもフェース面の向きが大切です。

パットではフェースとボールの接触している時間が一瞬です。

そのためストロークの方向はボールの転がる方向に殆ど影響を与えません。

フェース面が向いている方向にボールは転がります。

そのためどれだけ、「狙った方向に正しくフェース面をむけるか?」

「フェース面をキープしてストローク出来るか?」が勝負になります。

ちなみに、、、

2mのパットではフェース面が1.5度ずれるとカップを外れるそうです。

(4)ボールの線をターゲットへ向ける

フェース面をボールの線に直角にあわせてアドレスをします。

グリーンにボールを置くときにターゲットにこの線を向けてボールをセットします。

ボールの線にフェースを合わせるとパットの方向は合わせやすくなります。

(5)ボールのあった場所を見続ける

ストローク中に頭を動かしたらだめです。
フェース面がずれるからです。

ボールを打った後もボールのあった場所を見続けます。

手首を使わずに、肩の上下でストロークすると正確なストロークをしやすいです。

ボールが入るか、止まるまでフォローの形をキープしましょう。

パットの精度が高くなると大幅なスコアアップを期待できますよ。

もしあなたが、
「3パットが多い」と悩んでいるならアプローチを練習するのも良い方法です。

3パットの1番の要因は「ファーストパットの距離が長いから」です。

アプローチでピンに近づければ3パットを減らせてスコアが良くなります。

参考になれば幸いです。

今週のおすすめ練習法

日本人が誰も知らなかった「世界標準の骨を使った欧米人直線運動スイング」の秘密が大量の画像と共に公開されました。日本人とまったく違う欧米人ゴルフスイングの「共通の同じ動き」を無料大公開中です。↓

世界標準の骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!

ゴルフのいろいろな悩みや課題を解決したい方はこちらへ

スポンサーリンク
狙った方向に正確なパットの打ち方、距離感の作り方
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!