ショートアイアンのひっかけを防ぐにはコツがある!




ショートアイアンをひっかけてグリーンを外してしまう。

この悩みを持っているゴルファーは多いです。

でも、安心してください、結構多いですよ。

原因はアイアンの構造ですね。

ロングアイアンは右に、ショートアイアンは左に飛びやすくなっているのです。

じゃあ、どうすれば良いのか?

「ショートアイアンでボールをひっかける」を防止する方法があります。

なぜショートアイアンはひっかけるのか?

ショートアイアンは、ロフトの角度が大きいからです。

ロフト角が大きくなればなるほど、フェースは左を向きやすくなります。

さらにクラブが短いのでインパクトでフェースを返しやすい。

そのためショートアイアンは左に飛びやすいのです。

対策は、、、

フルショットをしない

これだけ。



ショートアイアンのひっかけを防ぐ方法

(1)ショートアイアンは狙った場所に打つクラブ

この認識を持つことが第一歩です。

PWで遠くに飛ばしても意味はありません。

飛距離をおさせて狙った場所に打つ練習をしましょう。

ショートアイアンは飛距離よりも距離感です。

縦の距離も、横の幅も狙った場所に打つという練習をすると良いです。

ショートアイアンでのフルショットは必要ないですね。

(2)ショートアイアンは距離感

ショートアイアンで100%のフルショットをしていませんか?

ショートアイアンは狙った場所に打つクラブです。

SWやPWで遠くに飛ばしても意味はありません。

飛距離をおさせて狙った場所に打つ練習をしましょう。

ショートアイアンは飛距離よりも距離感です。

縦の距離も、横の幅も狙った場所に打つという練習をすると良いです。

コースではショートアイアンのフルショットは必要ないです。

(3)スイングをコンパクトにする

スタンス幅を狭くして、トップとフォローの位置をフルショットより低めにします。

高く上げずにスリークォーターで打つイメージです。

スリークォーターで打つとインパクトゾーンが安定します。

フェースの向きが安定します。

フィニッシュの位置を低めにおさえるとひっかけを防止できます。

ライン出しショットのイメージです。

(4)大きめのクラブでライン出しショットを打つ

元々ショートアイアンはひっかけが出やすいクラブです。

強めのフルスイングをするとひっかけになりやすいです。

1番手上のクラブでショットするのも良い方法です。

たとえば、PWのフルスイングでギリギリの距離なら9番アイアンで8割のスイングをします。

大きめのクラブで方向性重視のショットをすれば狙った場所にボールを運びやすいです。

ショートアイアンのミスはスコアダウンに直結します。

まとめ

ショートアイアンのひっかけを防ぐ方法

(1)ショートアイアンは狙った場所に打つクラブと認識する

(2)ショートアイアンは100%のフルショットをしない

(3)スイングをコンパクトにする

(4)大きめのクラブでライン出しショットを打つ

いつも100%のフルスイングの練習だけでなく、コントロールショットの練習をしてみて下さい。本番に強くなってスコアアップにつながりますよ。

ショートアイアンを狙った場所に打てるようになるとスコアが良くなります。

もしあなたが、

ショートアイアンをもっと磨きたい!

と考えているのであれば、↓の練習方法がオススメです。

ショートアイアンとロングアイアンの打ち方の違い
ショートアイアンとロングアイアンの打ち方の違い
アイアンが調子が悪くなると、ゴルフ雑誌などを買い、色々なプロの色々なレッスンを、断片的に拾って練習している人も少なくないのではないでしょうか。ただ、それでは安定的なスイングを手にいれることはできません。

是非、試してください。

応援しています!

参考: どうすれば、ゴルフ上達できるの?

手っ取り早く90を切ろう!

ゴルフの上達を願ってやまない熱心なゴルファーのために!

164cm、61歳、グローブサイズ22の私でも平均飛距離280ヤードです。

身長、体重、年齢、性別はゴルフスコア、飛距離にはなんのかかわりもありません。

80を切るというのであれば、それなりのお金も時間もがかかりますが、90を切るのでいい、というのであれば誰にでもできることです。

ゴルフの上達を妨げているのは錯覚と誤解なのです。

手っ取り早く90を切るゴルフ上達法!

スポンサーリンク

フォローする

ショートアイアンのひっかけを防ぐにはコツがある!
この記事をお届けした”上達するゴルフ練習法”の最新記事を、いいねしてチェックしよう!



スポンサーリンク