ショートアイアンをひっかける!

ショートアイアンをひっかけてグリーンを外してしまう。

この悩みを持っているゴルファーは多いです。

安心してください。
みんなそうですから。

原因はアイアンの構造ですね。

ロングアイアンは右に
ショートアイアンは左に
飛びやすくなっているのです。

どんなに上手い人でもそうです。

じゃあ、どうすれば良いのか?

「ショートアイアンでボールをひっかける」を
防止する方法があります。

なぜショートアイアンはひっかけるのか?

ショートアイアンは
ロフトの角度が大きいからです。

ロフト角が大きくなればなるほど、
フェースは左を向きやすくなります。

さらにクラブが短いので
インパクトでフェースを返しやすい。

そのためショートアイアンは
左に飛びやすいのです。

対策は、、、

「フルショットをしない」

これだけ。

ショートアイアンのひっかけを防ぐ方法

(1)ショートアイアンは狙った場所に打つクラブ

この認識を持つことが第一歩です。

PWで遠くに飛ばしても意味はありません。

飛距離をおさせて狙った場所に打つ練習をしましょう。

ショートアイアンは飛距離よりも距離感です。

縦の距離も、横の幅も狙った場所に打つ
という練習をすると良いです。

ショートアイアンでのフルショットは
必要ないですね。

(2)スイングをコンパクトにする

コントロールショットを打つには
スタンス幅を狭くします。

トップとフォローの位置も
フルショットより低めにおさえます。

高く上げずにスリークォーターで打つイメージです。

スリークォーターで打つと
インパクトゾーンが安定します。

フェースの向きが安定します。

フィニッシュの位置を低めにおさえると
ひっかけを防止できます。

ライン出しショットのイメージです。

(3)大きめのクラブでライン出しショットを打つ

ショートアイアンはひっかけが出やすいクラブです。

強めのフルスイングをすると
ひっかけになりやすいです。

大きめのクラブでライン出しショットを
打つのも良い方法です。

たとえば、PWのフルスイングでギリギリの距離なら
「9番アイアンで80%のスイングをする」
という方法です。

大きめのクラブで方向性重視のショットをすれば
狙った場所にボールを運びやすいです。

ショートアイアンのミスは
スコアダウンに直結します。

ショートアイアンを狙った場所に打てるようになると
スコアが良くなりますよ。

応援しています。

スポンサーリンク

フォローする

もしあなたが、

手っ取り早く100切りしたい!

と考えているならば、↓の練習方法が効果的です。

初心者でも3ヶ月以内に100切りを達成

是非、試してください。

スポンサーリンク