ダウンブローで打てばダフらない

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アイアンの上手い人はダウンブローに打ちます。

ダウンブローのメリットは

・ライが悪くても打てる

・距離が安定する

・ロフトが立つので飛距離が出る

・ボールにバックスピンがかかる

など、、、スコアアップのために
多くのメリットがあります。

ではどうすればダウンブローに打てるのか?

ダウンブローに打つためのポイント

(1)スウェーしていませんか?

飛距離を伸ばしたいと思うと
気づかないうちに「体重移動」が大きくなりやすいです。

体重移動をしようとすると
バックスイングで右膝が右に動きやすいです。

右膝が右に移動すると腰も右に移動します。

腰が右にずれると
クラブ軌道の最下点が右に移動します。

最下点が右に移動するので
トップやダフリになりやすいです

トップやダフリまではいかなくても
アイアンのあたりが薄くなりがちです。

アイアンショットでボールのつかまりが悪い
と感じたら要注意!

バックスイングでスウェーしている可能性は高いです。

(2)チェックしてみましょう

スウェーをしていることに
本人が気づいていないケースは多いです。

スウェーをしていないかチェックしてみましょう。

スウェーをしているかをチェックする
簡単な方法をご紹介します。

クラブは使わずに出来るので試して下さい。

・右足の右側が壁についた状態でアドレスします。

・右腰と壁の間に隙間ができます。

・手を胸の前でクロスしてシャドースイングします。

・バックスイングで右腰が壁に近づくようなら、、、

あなたはスウェーをしています。

バックスイングで右腰が壁に近づかず
クルッとその場で回転できるなら大丈夫です。

ダウンブローに打つ方法はいくつかあるのですが
その1つをご紹介しました。

ダウンブローのメリットは多いです。

・ライが悪くても打てる
・距離が安定する
・ロフトが立つので飛距離が出る
・ダフリやトップになりにくい
・スピンがかかるのでグリーンでボールが「キュッ!」と止まる

など、、、スコアアップのために多くのメリットがあります。

ぜひダウンブローをマスターしてください。

応援しています!

今週のおすすめ練習法

日本人が誰も知らなかった「世界標準の骨を使った欧米人直線運動スイング」の秘密が大量の画像と共に公開されました。日本人とまったく違う欧米人ゴルフスイングの「共通の同じ動き」を無料大公開中です。↓

世界標準の骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!

ゴルフのいろいろな悩みや課題を解決したい方はこちらへ

スポンサーリンク
ダウンブローで打てばダフらない
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!