ラウンド後半のスコアの乱れを防止する方法




ラウンドの前半は調子が良くて、
このままいけばベストスコアが出そう!

と思ったのに、後半で崩れて
終わってみればいつもと同じスコア・・・

誰しもがこんな経験はありますね!

実はラウンド後半にスコアを崩さない
ある方法があるのです。

これを知ればスコアアップできますよ。

なぜ、ラウンドの後半になるとスコアが崩れるのか?

一番の原因は「疲労」、次に集中力の欠如です。

特に「下半身の疲労」がスイングに影響します。

歩きまわるとどうしても疲れが溜まります。

後半になって疲れてくると
アドレスやインパクトで上体が起き上がり
スライスになりやすいです。

またバックスイングで右足が耐えられなくなり、
スウェーになりやすくなります。

振り遅れになりスライスやプッシュなどのミスショットが
多くなります。

疲労は徐々に溜まってくるので
本人が気づいていないケースは多いです。

では、どうすれば良いのか?



「下半身の疲労」対策のポイント

(1)日常生活で下半身を強化する

普段からできるだけ歩くことを心掛けましょう。

  • エレベーターを使わずに階段を使う
  • 短い距離なら電車や車を使わずに歩く
  • スクワットなどの下半身強化を継続的に行う

下半身強化は飛距離アップにも効果があります。

日常生活で下半身を強化すると良いです。

(2)ラウンド前日に疲れをためない

ラウンド前日に猛練習をするのはノーです。

ラウンド当日に疲れを残すし、
スイングはそんな簡単には変わりません。

前日の練習は「テンポを整える」くらいが調度良いです。

(3)ラウンド当日の疲労対策

ラウンド当日も疲労対策をすると
後半のスコアダウンを防げます。

  • 夏用の服で「暑さ対策」をする
  • 日傘、サングラス「日焼け対策」をする
  • こまめに飲み物や食べ物を補給する
  • チョコレートなどにより糖分を補給し
    「集中力の低下を防止」する
  • バックスイングの「右膝の耐え」を意識する

また、後半は疲労からボールがバラつきやすいと知っていれば
「グリーンセンターを狙う」、「バンカーを避けて狙う」など
戦略が変わってきます。

まとめると、、、

・日常生活で下半身を強化する

・ラウンド前日に疲れをためない

・ラウンド中は疲労を防止する
疲労することを前提にコース戦略を考える

応援しています!

スポンサーリンク