この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

すぐに飛距離が出るようになるドライバーの練習ポイント

ゴルフは「正しい練習」を「正しい手順」で行えば100%確実に上達!

ゴルフ上達を願う人の練習教材

飛距離アップ教材 スイング教材

ショートゲーム教材 ゴルフ教材

飛距離が出ないと悩む人は多いです。

飛距離が出るように練習をがんばっている人もものすごく多いです。

飛距離が出ない原因は多数あり、やはりスイングをしっかり作り上げ、飛距離が出るようにして行くのが王道でしょう。

しっかりとしたスイングができれば自然と飛距離は出るようになってくるものです。

これは男性でも女性でも、ちゃんと振れていれば飛ぶのです。

もしあなたがもっと飛ばしたいと考えるのであれば、しっかりとしたスイングを身につけましょう。

ドライバーの飛距離アップを望むのであれば

そこでなるべく簡単で、一瞬で飛距離が出る可能性のあるポイントを1つ紹介しますね。

飛距離が出ない原因にはいくつもあるのですが、その1つにフェースがしっかりと閉じていないというのがあります。

フェースは思った以上に閉じているのが実は正解なのですが、開いてインパクトを迎えている人がとても多く、そういう人は、例外なく飛距離があまり出ていません。

つまりインパクトで開き気味になっているフェースをほんの少しでいいので閉じるようになれば飛距離アップに大きくつながるのです。

そこで、ボールを包み込むようなインパクトを意識してみましょう。

飛距離アップに必要なのは、トップまで上げて蓄えられた遠心力をクラブのヘッドにいかに全てを伝えるかが大事です。

インパクトでフェースが開き気味になると力が逃げてしまいボールに全ての力を伝えられません。

ただ「ボールを包み込むようにインパクトする」と言われてもどうやればいいかわからないと思うので、「インパクトの瞬間にフェースを気持ちかぶせるようにする」とフェースが閉じ気味になります。

もちろん練習は必要ですし、右手が強いとフェースが閉じ過ぎになるので左に飛んだりもします。

インパクトの一瞬にフェースを閉じるというニュアンスで上手くいく場合もあれば、ボールを包み込むというイメージで上手くいく場合もあります。

練習でどういう感覚がいいのか、自分で試してみましょう。

フェースの開きがほんの少し抑えられるだけで飛距離は変わってきますからね。

ドライバーの飛距離を伸ばす簡単な方法

安定感が少し失われますが、飛距離を伸ばす簡単な方法があります。

簡単な方法として、ティーアップを高くする方法です。

ドライバーはティーアップを高めにすると飛距離が伸びるケースが多いです。

で、、、飛距離は伸びるのですがいくつか注意点があります。

(1)標準的な高さを基準に微調整

ティーアップが高ければ、高いほど良いというものではありません。

標準的な高さから始めて、徐々に高いティーアップを試して下さい。

標準的な高さは、アドレス時にドライバーのクラブヘッドの上に、ボールが半分出る高さ。

個人差はありますが、高さの限界は、クラブヘッドの上にボール1個分出る。

(2)ボールの位置を左にする

ティーアップを高くするにしたがいアドレス時のボールの位置を左に移動します。

(3)アドレスが崩れやすいので注意

ボールの位置を左にする場合に注意があります。

それは、「アドレス時の肩の開きです

ボールを左に移動するとアドレスで肩が左に開きやすくなります。

するとアウトサイドインの軌道になりスライスになりやすいです。

ボールの位置を左にしても肩の方向は目標方向に対してスクエアの状態を保ちましょう。

是非、試して下さい。

スポンサーリンク
すぐに飛距離が出るようになるドライバーの練習ポイント
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

ゴルフは「正しい練習」を「正しい手順」で行えば100%確実に上達!

ゴルフ上達を願う人の練習教材

飛距離アップ教材 スイング教材

ショートゲーム教材 ゴルフ教材

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!