オーバースイング矯正ドリル

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アイアンショットで求められるのは
狙った場所にボールを運ぶことです。

方向性はもちろん、飛距離の安定も重要になってきます。
その為には、もちろんスイングの大きさ、力感
スイングスピード全てが毎回同じようにスイングする必要があります。

当たり前ですが、これができるようになれば
アイアンショットは全てピンに絡んでイメージ通りのボールが
毎回打てるようになります。

アイアンショットにバラツキがある人の練習をみていると
バックスイングを大きく振りすぎて力いっぱいボールを飛ばそうと
してしまっています。

10球中1球気持ちの良い打感で
飛距離が出せても意味がありません。

毎回、同じ打感で安定したショットを打てなければ
スコアメイクが難しくなってしまいます。

まず、気をつけたいことは、

7割程度の力でスイングする
オーバースイングにならないようにする

これが絶対条件です。

バックスイングで無駄に大きく振りすぎてしまう人は
練習ドリルを参考にしてください。

オーバースイング矯正ドリル

バックスイングとダウインスイングの
モーションの切り返しのタイミングを
下半身でつくることでオーバースイングは修正されてきます。

切り返しするタイミングを上体や腕でとってしまうと
どんどんオーバースイングになってしまいます。

実際のスイングと自分の描いているバックスイングの大きさは
かなりギャップがでてくるものです。

このギャップが小さくなることでスイングが安定し
ショットが安定してきます。

是非、試してみてください。