ゴルフウオッチ「戦略性をさらに高めてくれる距離計測グッズ」

今ご紹介している商品は「あの」巷で流行しているゴルフウォッチ。
このゴルフウォッチは最上位製品です。

ゴルフは、耳と耳の間のスポーツなどと言われています。
脳を指しているのですが、頭でやるスポーツという暗喩です。

風などの気象条件や芝などライの状況を見極め、過去の経験や自身の状態から、最適なクラブを選択し、狙った場所にボールを運ぶという、戦略性に富んだスポーツと言えます。

その戦略性をさらに高めてくれるのが、距離計測グッズです。

GARMIN(ガーミン) 活動量計 ライフログウオッチ

手首で計測できる心拍センサーが搭載されたGPSスマートウォッチ

vivoactivej-hr-dive-in
•日差しでも見やすく、高解像度のカラータッチスクリーンを搭載したGPSスマートウォッチ
•内蔵のスポーツアプリには、GPS対応のランニング、サイクリング、スイミングなどがあり、スマートフォンとの接続は不要
•Connect IQ™ストアにある無料のウォッチフェイス、ウィジェット、アプリでカスタマイズ
•スマートフォンとペアリングして1、メッセージなどを受信
•バッテリー駆動時間は、ウォッチ/ライフログ3 モードの場合、最長8日2、GPS使用時は最長13時間

ティーグラウンドで

ゴルフコースデータベースにある世界中の40,000コースからコースを1つダウンロードして、毎日新しいコースでプレーできます。 ゴルフアプリでは、グリーンの簡易ビューを表示し、スコアをつけて、現在アンダーなのかオーバーパーなのか確認することができます。

GARMIN(ガーミン) 活動量計 ライフログウオッチ VIVOACTIVE J HR 【 日本正規品 】 160518

新品価格
¥29,097から
(2016/10/26 19:25時点)

ゴルフウォッチ

ツアープロは、サイモン・クラークさんが作成してくれたメモ、
いわゆるサイモンメモ、ヤーデージブックを使い、キャディさんと戦略を立てます。

ヤーデージブックは、アマチュアでも購入することもできますが、高価で、
多くの目印からの距離は記載されていますが、その目印から自分のボールがどれ
くらい 離れているかは、自身またはキャディさんが補足しなければなりません

なので、練習ラウンドなどでは、プロも距離計測グッズを利用しています。レ
ーザーで距離を計測できるスコープは人気で、アマチュアゴルファーにも支持
されていますが、ショットの都度ポケットから取り出し、スコープを覗いて計
測するのは、プレーファストの観点からも好ましくありません。

そこで、昨今急激に発達し、正確性を増しているGPSグッズです。カートにつ
いているゴルフ場も増えてきました。その位置でボタンを押すなどの動作だけで、
簡単に計測できるのが利点です。

特に腕時計型のゴルフウォッチなら、ポケットから出すことなく、腕時計を見
るようにピンやハザードなどまでの残距離が計測できます。コース全体図も表
示されるので、初めてラウンドするコースのドッグレッグでも安心して、ティ
ショットを打てます。

更にゴルフウォッチプレミアムなら、打ち上げ、打ち下ろしの傾斜を捕捉して
必要な距離を計測してくれる機能に、アドレスがターゲットに対してスクエア
になっているか確認できるスタンスチェック機能も装備しています。

アマチュアゴルファーの多くが、ラウンドでは目標に対して、スクエアに構え
られずにミスをしてしまうという悩みも解決してくれます。

スコアが悪かったのは、距離捕捉やアドレスが問題だったのではありませんか?
もし、そうであれば、ゴルフウォッチがその悩みを解決してくれるでしょう

ゴルフが上達できるゴルフウオッチ

ショットナビ Shot Navi 腕時計

世界初!フェアウェイナビ機能搭載!

ドックレックホールや林越え、トラブルショットからのリカバリーなど、現在地から見ているフェアウェイ中心までの距離とそのフェアウェイの場所からグリーンまでの距離をナビゲーション。今いる地点から、どう攻略するべきかをサポートします。

新機能フェアウエイナビ(FWナビ)紹介動画

これらの機能が入ったADVANCE2 FWとW1-FWの2機種で解説。
自分のいる場所から打ちたい方向のフェアウェイ中央までの距離とそこからグリーンまでの距離を瞬時に計測できるのでドックレックホールや林越え、トラブルショットからのリカバリーに役立ちますよ。

ゴルフウオッチ

%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e3%82%a6%e3%82%aa%e3%83%83%e3%83%81ゴルフウォッチが登場して間もないですが、少しずつその評価が上がってきています。大手ネットショップサイトのランキングでも、20位内に入る人気商品になってます。

そんな徐々に浸透し始めているゴルフウォッチ

どんな機能があり何が良いのか。
このゴルフウォッチを使用することで、ゴルファーにとってどのようなメリットがあるのか。

皆さまご存じの通り、ゴルフは数百ヤード離れた、カップへボールを入れるスポーツです。クラブを振って、4cmほどの直径のボールを打って、カップへ運びます。

そのクラブは14本の中から、その距離に最適なものを選択をし、自らの力加減とあわせて、目指す地点へボールを落としていきます。

「バンカー超えるかな?」
「2オン狙えるかな?」

ラウンド中、よくこのような言葉を口にしたり、耳にすると思います。
キャディさん帯同のラウンドであれば、風などのクセも加味し、ヤーデージに関しては完璧なものでしょう。

残りヤードの把握は、スコアをまとめる最短にして、最大の問題と言えます。

しかし、ラウンドの多くは、セルフプレイではないでしょうか?

セルフプレイ時の距離計測は、基本ヤーデージ杭を基準にしますが、ヤーデージ杭も細かく立っているものではなく、ドックレックしているホールでは、曲がりの内側と外側では、大きく距離が異なります。

また、そもそもヤーデージ杭も正確に立っているものではありません。

最近は、GPS付きのゴルフカートも増え、コースに乗り入れできるコースは、正確な残りヤードを計測できるようになりましが、ほとんどはカート道を通りますので、実際の残りとは差が生じてしまいます。

以前から、レーザースコープで距離を補足するものはありました。これはかなり正確な数値を表示してくれますが、ポケット等に入れて常に身に付けるにはやや大きく、高価であるのが難点でした。

そこで、登場したのがゴルフウォッチ「グリーンオン」です。

軽量コンパクトで、スイングの邪魔をせず、今ボールのある地点でボタンを押すだけで、残りヤードが正確に表示されます。対応コースは国内99%!

残りヤードの表示だけでなく、ホールのレイアウトの表示、スコア管理、残りヤードの表示、雨の中でも使用でき、連続10時間使用できる正にゴルファーに向けた仕様です。

機種によっては、アドレスを目標物に対して水平に構えているかチェックできる機能(競技使用不可)や、ピンポジションを登録し、ピンまでの残ヤードやグリーン周りのハザード等を表示する機能もあります。

あなたのゴルフが変わること、請け合いです。

ゴルフウォッチ 是非お試しください。

スポンサーリンク