正しい肩の動かし方でドライバーの飛距離を伸ばす

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飛距離を伸ばしたい私達ゴルファーにとって
重要な内容です。

正しい肩の動かし方をすれば飛距離は伸びます。

飛距離を伸ばそうとして、腕を早く振ろうとするが、
むしろ飛距離が落ちてしまう。

実は、、、

腕を早く振ろうとするほど
飛距離が落ちるケースは多いです。

原因は「肩の回転が不足」しているから。

腕を早く振ろうとしても
肩が動いていないと、
腕の動きを肩が邪魔をしてしまいます。

そのため腕を早く振ろうとしても
ヘッドスピードが上がらないのです。

どうすれば飛距離は伸びるのか?

動かすのは腕ではなく肩を動かせばよいのです。

ではどうすれば良いのか?
正解は、左肩を早く移動する。

ダウンスイングで腕を早く振るのではなく、
左肩を早く移動すると腕を早く振ることができます。

方法は、トップのポジションからインパクトまで、
左肩をターゲット方向へ、より速いスピードで移動させることです。

スピードが速ければ速いほど飛距離が出ます。

トップから左肩をターゲット方向へ、
より速いスピードで移動させると、、、

腕も早くふれて、ヘッドスピードが上がります。

結果として飛距離が伸びるワケです。

左肩の動かし方のポイントは、

首の後ろの骨を支点にし、
スイング軸を動かさずに左肩を移動させます。

そうすると、、、

肩がスムーズに回転して
ヘッドスピードがアップします。

飛距離が伸びるだけでなく、
スイングが安定しますよ。

応援しています。