飛距離がアップするグリップの「Vの字」

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴルフはグリップが大切です。

グリップを少し直すだけでショットが安定し、飛距離が伸びることがあります。

それはグリップのV字です。

右手の親指と人差し指の間が大きく開かないように右手のV字は必ずしめます。

右手親指の腹と人差し指の内側でクラブを挟むように握ります。

V字がしまっていないと、、、
トップでクラブがグラグラと動きます。

すると、ショットが不安定になりますし、飛距離が落ちてしまいます。

V字をしめることでトップが安定します。

飛距離が伸びて方向性も安定するわけです。

正しいグリップを無意識にできるように練習

grip9右手の親指と人差し指の付け根で「Vの字」ができます。

その「Vの字」は右肩を指していることを確認してください。

V字が右肩を向くストロンググリップです。

ストロンググリップはグリッププレッシャーを強めなくても
クラブを振れるのでリストを柔らかく使えます。

リストを柔らかく使えるのでヘッドが走りやすくなります。

ヘッドが走るので飛距離がアップします。

スライスに悩んでいる方は右手のV字がアゴをさしているケースが多いです。

ほんの少しストロングにするだけでスライスが直ることも多いです。

因みに、
テークバックのコックを意識するのであれば、右手のV字がアゴをさします。

セットアップ時には右肘を少し曲げて、右肩に力が入らないようにすることが大切です。

肩に力が入ると飛距離がおちます。

右肘が突っ張ってしまうと右肩に力が入る原因となります。

右肩に力が入ると肩の回転が不十分になりやすく飛距離がおちます。

セットアップでグリップの「Vの字」が左肩を指すと右肘が伸びた状態になりやすいです。

セットアップでグリップの「Vの字」が右肩を指すと右肘に余裕をもってアドレスをしやすくなります。

右肩の力みもとりやすくなります。

アドレス字に右肘に余裕があるとダウンスイングで腕が体の近くをとおります。

腕が体の近くを通ると勢いよく振れます。

グリップの向きは肘や肩の動きにも影響するのです。

グリップの「Vの字」が右肩を指すようにして右肘を少しまげて余裕をもたせましょう。

飛距離のロスを防げます。

この機会に

「右手のV字が緩んでいないか?」

「右手のV字が向く方向がずれていないか?」

チェックしてください。

「基本を常にチェックする」は上達の近道です。

参考になれば幸いです。

今週のおすすめ練習法

日本人が誰も知らなかった「世界標準の骨を使った欧米人直線運動スイング」の秘密が大量の画像と共に公開されました。日本人とまったく違う欧米人ゴルフスイングの「共通の同じ動き」を無料大公開中です。↓

世界標準の骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!

ゴルフのいろいろな悩みや課題を解決したい方はこちらへ

スポンサーリンク
飛距離がアップするグリップの「Vの字」
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!