ドライバーが飛距離アップする筋力トレーニング

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴルフが上手い人ほど、飛距離よりも狙った場所にボールを運ぶことを重視しています。

狙った場所にボールを打てるとOB、池、バンカーなどにボールを打たないのでスコアを大きく崩すことがありません。

セカンドショットをフェアーウェイから打てるのでパーオン率も高くなり、当然スコアが良くなります。

それでも、飛距離を伸ばして狙った場所にボールを打ちたいでしょう!

飛距離アップはゴルファーの永遠のテーマですね。

それでは、

ドライバーが飛距離アップするために重要な筋肉

トレーニングに即効性はありませんが、長期的には必ず効果があります。

毎日5分でも良いので続けることで数カ月後には飛距離アップを実感出来るはずです。

腹直筋、腹斜筋、背筋を鍛えるとスイング軸が安定するので、方向性が安定して、飛距離も伸びます。

股関節、大でん筋(おしりの筋肉)を鍛えると体を早く回転できるので、飛距離が伸びます。

股関節の筋肉は下半身のパワーを効率よく伝えるためにとても重要なわけです。

これらをバランス良くトレーニングするためのメニューをご紹介します。

(1)アームレッグクロスレイズ

アームレッグクロス

アームレッグクロスレイズは、四つんばいの姿勢から対角にある腕と脚を上げて腹部と背部の両面から筋肉に働きかける体幹トレーニングです。

これは、腹筋、背筋、大でん筋(おしりの筋肉)を同時に鍛えることができます。

(2)ランジ

ランジ飛ばしの要となる太もも~お尻、股関節を鍛えるトレーニングです。

スクワットに近いトレーニングですが、股関節だけでなく、ゴルフに必須のお尻周りの筋肉もバランスよく鍛えることができます。

1日1セットでも良いので習慣にしてみてください。

「アームレッグクロスレイズ」と「ランジ」はゴルフに重要な筋肉をバランス良くトレーニングできるので特にオススメです。

ゴルフが上達するには、ただ単にボールを打つ練習ばかりではありません。

ゴルフをするにあたって普段は使わない筋肉が有ります。

正しい筋トレ方法によってゴルフをする為の筋肉を付けていく事が大切になってきます。

厳選、飛ばすための筋力トレーニング

(1)アドレスでお腹に力を入れる

アドレスでお腹に力(丹田に力)をいれてスイングしてみて下さい。

前傾姿勢が安定します。

テークバックで伸び上がりを防止できます。

テークバックで腰が右に流れてしまうのを防止できます。

(2)腹筋、腹斜筋を鍛える

腹筋や腹斜筋を鍛えるとスイングが安定する効果が高いです。

飛距離アップのために腕の筋肉を鍛えようとする方が多いですが、

腕の筋肉より、腹筋、腹斜筋などの「体幹」を鍛えた方が良いです。

腹筋を意識すると腕の力を抜きやすくなります。

腹筋に力を入れると腕の力を抜きやすくヘッドが走りやすくなります。

腹筋を意識するとショットが安定して飛距離も伸びるわけです。

(3)スクワットがオススメ

飛ばすための筋力トレーニングで一番のオススメは「スクワット」です。

理由はいくつかありますが、、、

・道具を使わずに出来る
・スイングのパワーの源は下半身
・ゴルフスイングを安定させる効果が高い

などの理由です。

飛距離アップには腹筋、背筋、スクワットが効果的と言われています。

スクワットをするときは、膝を大きく前に出すようにしてしゃがむと膝への負担が増えて痛めてしまう可能性があります。

膝の位置を前に出さないようにしてお尻を突き出すような感じにすると良いです。

下半身が強化されるとスイング軸が安定します。

体を早く回転できるようになり飛距離が伸びます。

飛距離が伸びるとスコアは良くなりますしゴルフが面白くなります。

私も腹筋、背筋、スクワットを重点的にトレーニングしています。

参考になれば幸いです。

今週のおすすめ練習法

日本人が誰も知らなかった「世界標準の骨を使った欧米人直線運動スイング」の秘密が大量の画像と共に公開されました。日本人とまったく違う欧米人ゴルフスイングの「共通の同じ動き」を無料大公開中です。↓

世界標準の骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!

ゴルフのいろいろな悩みや課題を解決したい方はこちらへ

スポンサーリンク
ドライバーが飛距離アップする筋力トレーニング
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!