飛距離が伸びる筋力トレーニング




ゴルフが上手い人ほど、
飛距離よりも狙った場所にボールを運ぶことを重視しています。

狙った場所にボールを打てると
OB、池、バンカーなどにボールを打たないので
スコアを大きく崩すことがありません。

セカンドショットをフェアーウェイから打てるので
パーオン率も高くなり、当然スコアが良くなります。

それでも、飛距離を伸ばして
狙った場所にボールを打ちたいでしょう!

飛距離アップはゴルファーの永遠のテーマですね。

それでは、



飛ばすための筋力トレーニングの紹介

アドレスでお腹に力を入れる

アドレスでお腹に力(丹田に力)をいれてスイングしてみて下さい。

前傾姿勢が安定します。

テークバックで伸び上がりを防止できます。

テークバックで腰が右に流れてしまうのを防止できます。

腹筋、腹斜筋を鍛える

腹筋や腹斜筋を鍛えるとスイングが安定する効果が高いです。

飛距離アップのために腕の筋肉を鍛えようとする方が多いですが、

腕の筋肉より、腹筋、腹斜筋などの「体幹」を鍛えた方が良いです。

腹筋を意識すると腕の力を抜きやすくなります。

腹筋に力を入れると腕の力を抜きやすくヘッドが走りやすくなります。

腹筋を意識するとショットが安定して飛距離も伸びるわけです。

スクワットがオススメ

飛ばすための筋力トレーニングで一番のオススメは「スクワット」です。

理由はいくつかありますが、、、

・道具を使わずに出来る
・スイングのパワーの源は下半身
・ゴルフスイングを安定させる効果が高い

などの理由です。

飛距離アップには腹筋、背筋、スクワットが効果的と言われています。

スクワットをするときは、

膝を大きく前に出すようにしてしゃがむと
膝への負担が増えて痛めてしまう可能性があります。

膝の位置を前に出さないようにして
お尻を突き出すような感じにすると良いです。

下半身が強化されるとスイング軸が安定します。

体を早く回転できるようになり飛距離が伸びます。

飛距離が伸びるとスコアは良くなりますしゴルフが面白くなります。

私も腹筋、背筋、スクワットを重点的にトレーニングしています。

色々なゴルフのトレーニングをこちらにも紹介しています。

応援しています!

スポンサーリンク