この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

手打ちを防ぐにはバックスイングで右肩を後ろに引く

ゴルフは「正しい練習」を「正しい手順」で行えば100%確実に上達!

ゴルフ上達を願う人の練習教材

飛距離アップ教材 スイング教材

ショートゲーム教材 ゴルフ教材

なぜ、手打ちになるのか?

「手打ち」とは体の回転でなく、腕の力でボールを打とうとしている状態です。

「手打ちのスイング」は、飛距離もロスしスイングも安定しません。

手打ちスイングを直すと大きな筋肉を使えるので飛距離が出やすいです。

腕の筋肉は小さくて器用に動きますがパワーが弱く再現性が低いです。

腹筋や背筋などの大きな筋肉はパワーがあり再現性が高いです。

「手打ち」を直すと飛距離アップとスイング安定を
期待できます。

巷にはボールを見るな、ダフれ、手打ちしろの理論もあります。

では、どうすれば手打ちを防止できるのか?

手打ちを防いでショットを安定させる方法

(1)手打ちの原因はバックスイング

上手い人は体の動きが主導です。

体の動きに従って手が動きます。

ショットが安定しない人は体が止まって手先だけでクラブを振っています。

手打ちになる原因はいくつかありますが一番の原因は「バックスイング」。

バックスイングでクラブを手で上げてしまうと手打ちになります。

(2)バックスイングで右肩を後ろに引く

手打ちを防ぐにはバックスイングが大切。

バックスイングで右肩を後ろに引けば手打ちが防止できます。

手打ちを防止できてショットが安定します。

右肩を後ろに引くといつもより深く捻転できます。

捻転の大きさが1cm、2cm変わるだけで飛距離はのびます。

バックスイングで右肩を後ろに引いてください。

ショットが安定して飛距離も伸びます。

(3)ヘッドの後ろにペットボトルを置いてテークバックで押す

手打ちを防ぐために次のドリルも有効です。

アドレスしてヘッドの後ろに中身の入ったペットボトルを置きます。

目標方向にペットボトルの底を向けて倒して置きます。

クラブヘッドでペットボトルを押すようにテークバックをします。

「ヘッドが少し遅れた感じ」を体感できます。

ペットボトルの重さがあるので手であげられません。

手打ちを防げるのでショットが安定しますよ。

(4)ボールの距離を最適にする

「手打ち」になる主な原因はアドレス時のボールとの距離にあります。

ボールに近すぎると肩がスムーズに回転できないため、手打ちになります。

ボールが遠すぎると下半身のバランスが悪くなり体の回転がむずかしくなります。

そのため手打ちになります。

ボールとの距離は近すぎても、遠すぎても駄目なのです。

適度な状態にすることで手打ちではなく、ボディーターンでボールを打てるようになります。

(5)クラブの重さ感じながらゆっくりとスイングする

スイングリズムが早いとボディーターンではなく、手打ちになりやすいです。

以下のどれかでスイングをしてみてください。

いずれも、手打ちを防止する効果があります。

・目を閉じて、クラブの重さを感じながら素振りをします。

・アイアンを2本使ってゆっくりと素振りをする

・腕の力を抜いて肩の回転でバックスイングをする。

やりやすい方法を選んで頂ければokです。

スイングが安定しますし飛距離もアップしますよ。

まとめ

(1)手打ちの原因はバックスイング
(2)バックスイングで右肩を後ろに引く
(3)ヘッドの後ろにペットボトルを置いてテークバックで押す

(4)ボールの距離を最適にする
(5)クラブの重さ感じながらゆっくりとスイングする

「手打ち」のスイングをしているためにショットが安定しない方は多いです。

手先ではなく体全体でスイングしましょう。

体全体でスイングをするとショットが安定し飛距離が出ます

あなたの飛距離はまだまだ伸びますよ。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
手打ちを防ぐにはバックスイングで右肩を後ろに引く
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

ゴルフは「正しい練習」を「正しい手順」で行えば100%確実に上達!

ゴルフ上達を願う人の練習教材

飛距離アップ教材 スイング教材

ショートゲーム教材 ゴルフ教材

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!