フェースローテーションが解れば飛距離が伸びる

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ、ボールが右へ真っすぐ飛ぶのか?

「プッシュアウト」と言われる球筋です。

ドライバーでプッシュアウトすると致命的です。

林に入るか?OBになるかも?

リカバリーが難しくなります。

プッシュアウトを直すには
フェースローテーションが必要です。

フェースローテーションができれば
ボールは捕まり、飛距離が伸びます。

スコアも安定します。

フェースローテーションが飛距離を伸ばす

プッシュアウトとは?

右にボールが出て真っすぐ飛ぶボールです。

飛距離はでますが、林の中ではパーオンが困難です。
プッシュアウトは改善したい球筋です。

プッシュアウトを直す方法

フェースローテーションで直すことができます。

フェースというのは、
アドレス時にはスクエア状態になっています。

そして、テークバックが始動すると、フェースは徐々に開いていきます。

そして、ダウンスイングが始動しはじめると、
フェースは徐々に戻っていき、
インパクト時には、アドレスと同じスクエア状態に戻ります。

そして、インパクトが終わるとフェースはさらに閉まっていきます。

このように、フェースというのは自然に開いて閉じる動きをしていて、
その途中にスクエアという状態があり、
そのスクエアの状態の時にボールを捕まえれば、
ボールは真っ直ぐ飛んでいくんですね。

飛ばすためにフェースローテーションは有効です。

正しいフェースローテーションを身につけましょう。

プッシュアウトが真っ直ぐなボールになりますよ。

飛距離が伸びて方向性も安定します。

応援しています。