スライスを直す最良のドリルがあります!




スライスを直せば、

飛距離が伸びてショットがとても安定します。

スライスはショットが安定しません。

スライスによるOBの不安がなくなったら

どれほどゴルフが楽しくなるか?

思いっきり振ってもスライスをせずに、

力強いドローボールが打てたら最高ですね。

スライスが直って、

今より飛距離が30ヤード伸びたら

どれだけスコアが良くなるか?

アマチュアゴルファーの90%がスライスをしていると
言われています。

もしあなたがスライスをしているなら
スライスを直すことが最優先の課題です。



スライスを直すドリル

drawスライスにはいくつか原因がありますが、、、

主な原因の1つが「アウトサイドインの軌道」です。

アウトサイドインの軌道で

フェードをマスターするという選択もありますが、

練習量が少ないと難しいです。

フェードよりもドローボールがオススメです。

アウトサイドインの軌道を直すドリルがあります。

ドリルを行う前に、いつもどおりにドライバーを打ってみて
「ボールが飛び出す方向」「どれくらい曲がるか」
を確認しておいて下さい。

(1)9番アイアンでスイングを直す

9番アイアンを使ってドリルを行います。

短いアイアンはボールのつかまりやすく
スライスが出にくいからです。

(2)左足を後ろに引いたオープンスタンス

通常どおりにアドレスしたら
左足を15cmほど後ろに引きます。

オープンスタンスの状態にします。

(3)ボールを右に打ち出す

オープンスタンスの状態で
ボールを右に打ち出す練習をします。

オープンスタンスにして、
さらに右にボールを打つので
「極端なインサイドアウトの軌道」になります。

いつもアウトサイドインの軌道でスライスをしているなら
違和感が強いはずです。

でも、それでokです。

「極端なインサイドアウトの軌道」でスイングをすることで
アウトサイドインがインサイドインに近づきます。

ドリルを終えてから、またドライバーを打って
ボールが飛び出す方向を確認して下さい。

ドリルを行う前よりも、右側に飛びやすくなります。

アウトサイドインが軽減された証拠です。

軽く右に飛んだボールが、左に戻ってくれば
ドローボールが打てたということです。

ドローボールはパワーが伝わりやすく
ランも出るので、飛距離が伸びますよ。

是非、試してください。

応援しています!

参考: どうすれば、ゴルフ上達できるの?

手っ取り早く90を切ろう!

ゴルフの上達を願ってやまない熱心なゴルファーのために!

164cm、61歳、グローブサイズ22の私でも平均飛距離280ヤードです。

身長、体重、年齢、性別はゴルフスコア、飛距離にはなんのかかわりもありません。

80を切るというのであれば、それなりのお金も時間もがかかりますが、90を切るのでいい、というのであれば誰にでもできることです。

ゴルフの上達を妨げているのは錯覚と誤解なのです。

手っ取り早く90を切るゴルフ上達法!

スポンサーリンク

フォローする

スライスを直す最良のドリルがあります!
この記事をお届けした”上達するゴルフ練習法”の最新記事を、いいねしてチェックしよう!



スポンサーリンク