アイアンのダフリを直して飛距離を伸ばす方法

なぜ、本番でアイアンのダフリがでるのか?

なぜ、練習場では上手く打てるのに、本番ではダメなのか?

殆どの場合で原因は1つです。

練習場でのアイアンの練習方法に問題がないですか?

熱心に練習しているけどアイアンが上手くならないと悩んでいる人は多いです。

練習場にはアイアンが下手になるワナがあるのです。

(1)練習用ボール

練習場のボールは高く上がりません。

練習用ボールはラウンド用ボールと構造が違います。

練習用ボールは高さがでないのです。

練習用ボールは安価であり耐久性に優れています。

そのために構造が本番ボールと異なるのです。

練習用ボールは、本番用のボールの3分の2程度の高さしか上がりません。

それを知っていても、無意識のうちにボールを高く上げたくなります。

すると、、、すくい打ちになりやすいのです。

アイアンのすくい打ちはあらゆるミスの原因になります。

飛距離はおちる、ダフル、トップになる・・・

「練習場のボールは高く上がらない」

「上げようとしてはいけない」

これを覚えておくと良いです。

(2)練習マット

練習場のマットはダフってもボールが飛んでしまいます。

練習マットではダフってもミスになりにくいです。

多少ダフっても前にボールが飛ぶのでダフリに気づかないのです。

当然、本番でダフればボールは飛んでくれません。

飛距離が確実に落ちますし、飛距離も方向性も安定しません。

アイアンのダフリを直して飛距離を伸ばす方法

(1)アイアンショットの適正な高さを知る

まず、アイアンショットの適正な高さを知る必要があります。

簡単な方法があります。

・アイアンを地面に置きます

・クラブフェースを足で踏みます

・シャフトが地面から立ちます

クラブフェースを踏んだときのシャフトの角度がそのクラブの打ち出し角度です。

アイアンショットの適正な高さを知ることでクラブの性能を活かしたショットができます。

殆どのアマチュアゴルファーはクラブの設計よりも高いボールを打っています。

ハンドファーストで打てていないからです。

ハンドファーストに打たないとボールは高くあがり、飛距離が出ないです。

ダフリやすくなります。

(2)低いボールを打つ練習をする

練習場でボールを打つ場合は、低いボールを打ちましょう。

トップボールを打つのではありませんよ。

ハンドファーストの正しいインパクトで低いボールを打ちます。

本番の3分の2程度の高さが目安です。

飛距離を考えるより、

「高さをそろえる」「正しいインパクトをする」という練習をした方が効果的です。

応援しています。

スポンサーリンク

フォローする

もしあなたが、

手っ取り早く100切りしたい!

と考えているならば、↓の練習方法が効果的です。

初心者でも3ヶ月以内に100切りを達成

是非、試してください。

スポンサーリンク