キレのあるスイングを作るヒザと股関節の使い方




打ったボールに勢いがないと悩んでいる人がかなり多いです。

ビシッと打って、グングン伸びるような

球筋を目指したいと思っていてもまずはビシッと打てない、

スイング自体はがんばって速く鋭く振ろうとしていても、

思った以上にヘッドが加速しない為、

ビシッとキレのあるショットにならないのです。

ヘッドがしっかり加速すると、

強くボールを叩けるので、

自然に勢いのあるボールが打ち出されるものです。

ヘッドを加速させる、

強くボールを叩くというと多くの人は、

手で速く振ろうとしたり、

強く打とうとしてしまうのですが、

手でいくら加速させようとしても、

強く叩こうとしてもそれほど効果はでません。

手の力よりも遠心力をしっかり使わないと、

力が全然足りないのです。

そこで速く振るには、

回転する力を高める事なのですが、

シャープに振れない人の多くは、

回転を使ったスイングが出来ていないので、

回転する意識を持つだけで速く鋭く振れるようになるのです。

そこで回転運動がいいと言って、

一生懸命回転させる意識を持って

スイングをする事はとてもいい事なのですが、

ただ回転するだけでは遠心力を高める事が難しいのです。

テークバックやトップで回転を絞り、

力を貯めて、切り返しからインパクトに向かって

貯めた力を解放するかのようにヘッドを加速させる事が大切なのです。

そこで大事になってくるのが、右ヒザと右足の股関節です。

テークバックやトップで

右ヒザと右足の股関節の角度が伸びてしまうと力が逃げてしまうのです。

これはやってみるとわかりやすいのですが、

トップで右ヒザが伸びてしまうと、締まったトップにはなりません。

また右足の股関節もアドレスの時は折れて角度が出来ています。

でもこの角度がトップで伸びてしまったら、

同じように締まったトップにはならないのです。

スイングで回転は大事ですが、

このヒザと股関節の角度が

アドレスと変わるようだと、力を貯めれないのです。

鏡の前でヒザと股関節の角度が

アドレスとトップで変わっていないかをチェックしてみましょう。

締まりのあるスイングをしっかり意識を持って作りましょう。

キレのあるスイングになり、

勢いのあるボールが打てるようになりますからね。

応援しています!

スポンサーリンク