フォローを大きくすれば必ず飛距離が伸びる




どうすれば、飛距離が伸びるのか?

ドライバーの飛距離が今よりも30ヤード伸びたとしたら、

どんなに気持ちがいいでしょうか?

どれだけパーオンをしやすくなるでしょうか?

今よりもアイアンの飛距離が1番手伸びたら

どれだけゴルフが簡単になるでしょうか?

飛距離は練習で伸ばすことが可能です。

今日はフォローを大きくして飛距離を伸ばす練習方法を紹介します。

フォローが小さいとヘッドが加速しません。

フォローが大きいとヘッドが加速して飛距離がアップします。

大きなフォローをとって飛距離を伸ばす方法をご紹介します。



飛距離アップには上半身の力を抜くが大切

上半身に力が入りすぎるとフォローが小さくなります。

肩、腕、グリップに力が入ると大きなフォローがつくれません。

肩、腕、グリップから無駄な力を抜きましょう。

一度、練習場でコレを試して下さい。

  • 上半身から力を抜いてアドレスをする
  • 肩、腕、グリップの力をできるだけ抜く
  • ダウンスイングはクラブの重さを利用する

「力み」のために飛距離を落としている方が多いです。

このドリルで飛距離アップのヒントをつかみましょう。

クラブ2本素振り

上半身の力を抜いてクラブを2本で素振りをしてみてください。

フォローが大きくなりやすいです。

フォロー(3時)の形からスイングをはじめる

フォロー(3時)の状態からバックスイングをして、またヒニッシュまで振りぬきます。

フォローからスイングを開始するので自然とフォローが大きくなります。

飛距離が伸びるとゴルフは楽になります。

飛距離を伸ばしてレベルアップしましょう。

応援しています!

スポンサーリンク