アプローチのシャンクを直す方法




グリーン周りの

アプローチのシャンクは悔しいですね。

アプローチのシャンクを

直す簡単な方法があります。

簡単ですが効果が高いのでお試し下さい。



アプローチのシャンクを直す方法

アプローチのシャンクは

ボールがネック部分に当たっています。

フェースの先にあたるケースもあるのですが

たいていはネック部分です。

ネックにあたるのだから、

ボールから離れてアドレスしてもシャンクは治りません。

ネックに当たる原因はアプローチでは1つです。

インパクトでグリップの位置が体から離れてしまからです。

インパクトのグリップを体に近づけるには、

左ワキを締めて体の回転で打てばシャンクすることはありません。

インパクトで手元が体から離れるのは、

脇の締めが甘いか、

或は手打ちでグリップが体から離れてしまうからです。

シャンクを直すには次のドリルを試して下さい。

・左ワキを軽く締めます(特にダウンの時)

・体の回転で振りぬきます

・この2つを意識してボールを打つ前に「素振り」をする

素振りでクラブヘッドの通り道を確認します。

素振りの感覚を残したまま、ボールを打ちます。

ダウンスイング時にクラブが体に巻きつく

感覚があればシャンクにはなりません。

是非、参考にして下さい。

スポンサーリンク